最新記事

寄生虫

突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に脳に侵入したサナダムシの◯◯だった

Symptoms of Tapeworm in the Brain Explained as Man Diagnosed After Seizures

2021年11月18日(木)18時00分
ロバート・リー

目に見えないほど小さなサナダムシの卵は生鮮食品や糞便に紛れているので要注意 Sinhyu-iStock

<サナダムシはかつて腸に寄生して時には何メートルにも成長することで恐れられたが、幼虫が血流に乗って脳や脊髄に達するともっと厄介なことになる>

突然激しい発作を起こし、その後に意味不明の言葉を発するなど、せん妄状態でボストンの病院に搬送された38歳の男性は、サナダムシの幼虫に脳を侵されていたことが分かった。

男性患者(身元は公表されていない)は午前4時にベッドから落ちて、けいれんを起こしている状態で発見され、マサチューセッツ総合病院に運び込まれた。この症例を報告した論文は医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンのオンライン版に11月11日に掲載された。

当初、医師らは原因不明の症状に困惑したが、前日までいたって健康だったという男性が搬送後に再びてんかん発作を起こしたことから、MRIとCTで脳を調べ、3カ所の病変を発見した。

これらの病変から、男性は神経嚢虫症と診断された。サナダムシの幼虫が血流に乗って脳内に入り、休眠状態のシスト(嚢胞)となって、悪さをしていたのだ。

嚢虫症は、豚などに寄生するサナダムシの卵が、人の体内に入り込むことで引き起こされる。なかでも脳や脊髄が侵される神経嚢虫症は非常に厄介で、治療しなければ死に至ることもあると、米疾病対策センター(CDC)は警告している。

腸内で成長するほうがまし

神経嚢虫症は、感染した領域とその領域に潜んでいたシストの数によって、多種多様な症状が出る疾患だ。

CDCによれば、最もよくある症状はてんかん発作と頭痛だが、せん妄や注意力の低下、平衡感覚の乱れなどがみられることもある。

神経嚢虫症が引き金となり、髄液が過剰に溜まり、脳室が拡大する「水頭症」を発症することもある。また、開発途上国では、大人になってから発症するてんかんのかなりの割合は、神経嚢虫症によるものと言われている。

感染源は、十分に加熱されていない豚肉やよく洗っていない生野菜など。これらの食材には、顕微鏡でなければ見えないような小さなサナダムシの卵が付着していることがある。

卵が腸内でかえり、成虫になっても大した悪さはしないが、幼虫が血流に乗って体のあちらこちらに移動し、シストを形成すると、神経嚢虫症をはじめ嚢虫症を引き起こすおそれがある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月