最新記事

寄生虫

突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に脳に侵入したサナダムシの◯◯だった

Symptoms of Tapeworm in the Brain Explained as Man Diagnosed After Seizures

2021年11月18日(木)18時00分
ロバート・リー

腸内にサナダムシを寄生させている人は、便に混じってサナダムシの卵も排泄する。この人が排便後に手を洗わずに調理をしたり、調理済みの食べ物に触れたりすれば、ほかの人にも感染を広げることになる。

卵が口から入り、孵化した幼虫がシストを形成すると、その後は何カ月、さらには何年も休眠状態を保っておとなしくしている。症状が出るのは通常、シストが死んで腐敗し、有害物質が滲み出たときだ。それによりシストの周りの組織が炎症を起こして腫れ上がり、周辺の部位を圧迫して、さまざまな症状を引き起こす。

38歳の男性の場合、体内にサナダムシの卵が入ったのは20年前だと、医師たちは推測している。

「症状の特徴、発作の前日まで健康だったこと、グアテマラの農村部に在住していた経歴から、神経嚢虫症が最も強く疑われた」と、論文は述べている。

神経嚢虫症は途上国に多い疾患だが、CDCの推定によると、アメリカでも毎年新たに約1000人が発症して入院している。報告件数が特に多いのはニューヨーク、カリフォルニア、テキサス、オレゴン、イリノイ州だ。

途上国では飲み水に注意

診断のつかない症状に苦しむ患者が神経嚢虫症と判明したケースが、ここ数年で何例か報告されている。突然割れるように頭が痛み、強烈な眠気に襲われ、一時的に意識を失った後、診断のつかない症状が次々に出たテキサス州の男性もその1人だ。

治療としては、抗寄生虫薬と抗炎症薬の併合投与が有効な場合もあるが、重篤なケースでは手術でシストを取り除かなければならない。対症療法にすぎないが、発作を抑えるために抗てんかん薬が処方されることもある。

予防のためには、トイレから出た後やおむつを替えた後の手洗いの励行など、特に食品を扱う際は衛生管理を徹底するよう、CDCは呼びかけている。また、生野菜はよく洗い、皮をむくよう奨励している。

途上国に旅行するときには水の汚染にも注意が必要だ。飲み水にはミネラルウォーターか一度沸騰させた湯を使うこと。ミネラルウォーターが買えないような奥地に旅するなら、携帯用浄水器と水質浄化用のヨウ素錠剤を持って行くよう、CDCは推奨している。

 20220524issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年5月24日号(5月17日発売)は「歴史で読み解く ロシア超入門」特集。ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義。政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を知る


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

ビジネス

ECB、物価高を懸念 引き締めペースが唯一の議題=

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 継続受給は196

ビジネス

5月米フィラデルフィア連銀業況指数は2.6、2年ぶ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月