最新記事

皇室

眞子氏バッシングの日本に足らないもの

On Japan's 'Megxit,' We Need a Feminist and Human Rights Conversation

2021年11月2日(火)10時30分
嶋田文(カルチャーラボ代表・東京大学客員研究員)
眞子

小室夫妻の結婚に反対するデモ(10月26日、東京)

<小室眞子氏と小室圭氏の結婚を批判するのは、自らの不安の裏返し。多様なルーツを持つ娘の母親として、私は眞子氏への接し方から日本を変えていきたい>

先週、私はズーム会議の合間に東京のコワーキングカフェで12歳の娘の宿題を手伝っていた。ニューヨークのブルックリンから転校してきた彼女にとって、日本語での勉強は大変だ。その時、私の携帯電話にポップアップでニュースが表示された。「眞子さまは多くの人に反対されても結婚に突き進む」。つい反応してしまい、娘の方を見て「この見出しはいじめだ」と説明した。ついでに婚姻の平等や著名人の発言の揚げ足を取るキャンセルカルチャー、昨今のネットにおけるクリック優先のアルゴリズムについて教えようと思った私の機先を制して、娘はこう言った。「学校で聞いてる」

秋篠宮眞子内親王は先週、小室圭氏と婚姻届を出した。結婚式はなし。そして記者会見で、結婚は自分と夫の心を守るために必要な選択だった、と語った。吉事というより、まるで生き延びるための脱出のようだ。女性皇族に関する法律により、彼女は結婚で皇族としての地位も失った。

日本には昔から、型にはまらない人をスケープゴートにする「排除」の文化が根付いている。いじめは昼間のワイドショーやソーシャルメディア、所属するコミュニティあるいは組織によって支えられている集団的習慣であり、ほとんど娯楽だ。

私の子供が通う学校の子供たちは、ニューヨーク・タイムズ紙などが「国民のスケープゴート」と報じている眞子氏について何と言っているのだろうか。親が語るニュースの見出しをそのまま繰り返している? まさかソーシャルメディアに書かれているように、眞子氏がストレスからPTSDを発症した後も、彼女の夫選びを見下したように遠慮なくあざけり非難している? 聞いても、娘は答えないだろうけど。

私は若い頃、娘と同じ東京の小学校に通っていたことがある。一番生々しい記憶はひどいいじめだ。クラス全員が見ている中、一人だけが孤立してからかわれる日本独特のいじめ。教室の四方の壁が30人以上の子供たちの笑い声で震える中、一人の子供が泣きながら耐え、時には苦しそうな悲鳴を上げる。そして、それが後にひどい物まねで馬鹿にされる......忘れられない。いじめられっ子を助けることもあったけど、恐ろしく、無力で残るのは怒りばかり。15歳で不登校になり16歳で単身渡米するまで、私にとって学校とはこういうものだった。

ソーシャルメディアが新たな要因になっているとはいえ、状況は当時と大して変わっていない。日本政府の調査によると、職場でのいじめは2010年以来、学校でのいじめも6年前から増え続け、現在、日本の学校の83%がいじめの事例を報告している。いじめ研究者の森田洋司氏によると、日本の集団主義的な文化的圧力は、多数の無言の傍観者の形で現れる。彼らは意図的ではないものの、何もしないことでいじめを支持している。まさに私の子供時代に教室で起きていたことと同じだ。人々は声を上げる代わりに黙って見つめている。日本のことわざ「出る杭は打たれる」のこれほど的確な実例はない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ホワイトハウス当局者、台湾巡る政策「変更ない」

ワールド

米大統領、台湾有事に武力行使の選択肢 主権で妥協せ

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月