最新記事

生物

半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

2021年11月29日(月)14時54分
青葉やまと

過去にはフロリダでも

サメの共食いに関する過去の事例としては、2019年に米フロリダ州マイアミ沖にて、偶然居合わせた釣り人たちが捕食の瞬間を撮影している。

小型のサメが海面付近を泳いでいたところ、背後から大型のサメが忍び寄り、尾ビレに噛み付くとそのまま食いちぎって切断した。襲われたサメはもがき、尾の切断面から海面に鮮血を流している。映像とともにサン紙が報じた。

釣り人たちの一行は当時、人気の高い大型魚の一種であるターポンを狙ってモーターボートを駆り出していた。うち一人の女性に引きがあり、ターポンがかかったものと思い込んでいたが、実は小型のサメが餌に食いついていたという。身動きが取れなくなったところを大型のサメに察知され、隙を突かれた形だ。

3億年前から続く共食いの歴史

観察例が比較的少ないとはいえ、サメの共食いは例外的な行為ではない。オーストラリア海洋学者協会のミーカン博士はサン紙に対し、「ある悪質なサメがほかのサメを襲うということではなく、特定の種のサメがほかを攻撃するというわけでもありません。多数のサメ同士が互いを狙いあっているのです」と説明する。

カリフォルニアでの一件からもわかるように、窮地にあるサメはとくに狙われやすい。オーストラリアの一部では遊泳客への安全措置として、サメ避けの防護ネットと釣り針を設置している。餌につられたサメが針に食いつくことがあるが、このように釣り針にかかってしまったサメは、ほかの個体の格好の餌食となる。

共食いの習慣はいまに始まったことではなく、古代にすでにあったという証拠が化石に刻まれている。サメの祖先であり古代ザメとして知られるオルタカントゥスの化石からは、ほかのサメの幼魚の歯が発見された。これをもとにデイリー・メール紙は、サメの共食いの習慣は少なくとも3億年前には存在したと解説している。

大洋の強者であるサメとはいえ、その地位は決して安泰ではないようだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア、ウクライナに次世代レーザー兵器投入=ボリソ

ワールド

サリバン大統領補佐官、楊潔チ氏と電話会談 安全保障

ワールド

ロ・ウクライナ、和平交渉の停滞巡り批判合戦

ワールド

ロシア、ウクライナ投降兵らの動画公開 「食事や治療

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月