最新記事

皇室

眞子内親王が一般人に──女王が存在しない国は他にもある

Princess Mako: Countries Where Women Are Not Allowed to Reign As Queens

2021年10月27日(水)16時51分
ジャック・ロイストン
眞子様

天皇の姪で皇族だった眞子(2019年) Kim Hong-ji-REUTERS

<結婚で皇族の地位を失った秋篠宮家の内親王だが、もともと皇位継承権はなかった。同じような君主国はほかにもたくさんある>

秋篠宮家の眞子内親王は、婚姻によって皇室を離脱した。日本の皇族の女性には皇位継承権はない。世界的にも女性の王位継承を拒む君主国は少なくない。

眞子内親王は小室圭と結婚したが、それまでの数年、結婚についてさまざまな批判を受け、複雑性PTSDを発症したと報じられている。

この結婚により眞子は皇族の地位を失った。小室夫妻はニューヨークで新しい生活を始めることになる。

アメリカでは時代遅れと思われるかもしれないルールだが、それは日本の皇室に限られたことではない。

眞子内親王は現在の天皇の姪にあたるが、女性であるがゆえに皇位継承権はない。

現役の女性君主といえば、イギリスの女王エリザベス2世だが、実は珍しい存在だ。最初の子供が女子で、次に男子が生まれた場合、長女を飛ばして弟に王位を継承させる君主国は多い。

多くの国で、男性の後継者がいない場合は女性が王位に就くことを認めているが、なかには女性を完全に排除するケースもある。

モロッコでは王位を継承できるのは男性のみ。王冠は現国王モハメド6世が選んだ長男か、次男に引き継がれる。しかし、王は娘に王位を譲ることはできない。

モロッコの憲法は「直系の男子が存在しない場合、王位継承権は最も近い傍系の男子に、同じ条件で委譲される」としている。

イスラム教国が大半

オマーンもスルタン(君主)の後継者は男性に限られているが、最近まで男女を問わず直系の後継者が存在しないという問題を抱えていた。

2020年に亡くなったスルタンのカブース・ビン・サイドには子供がいなかった。誰が後継者となるかが問題になったが、結局、亡き王のいとこにあたるハイサム・ビン・タリク・アル・サイドが選ばれた。

サウジアラビアでは、王位は男性にしか継承されないが、世界の君主国の中では珍しく、明確な継承順位が決まっていない。

多くの君主制国家では、現君主の長子(長男)を経て、そのまた長子に王位が継承されていく。

アルジャジーラによると、サウジアラビアでは、王族が後継者の変更を決定することができる忠誠評議会が設置されている。

バーレーンの憲法では、王位は「王が生前に長男以外の息子を後継者に指名しない限り、代々、王の長男に引き継がれる」と定められている。

ブルネイの場合、「何人も、イスラム教の信仰を公に認め、王家の男系の合法的な子孫でなければ、合法的な相続人または合法的な後継者とはみなされない」、と憲法で定められている。

クウェートの憲法では、王の継承者は「イスラム教徒の両親から生まれた嫡出子でなければならない」とされている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ホワイトハウス当局者、台湾巡る政策「変更ない」

ワールド

米大統領、台湾有事に武力行使の選択肢 主権で妥協せ

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月