最新記事

世界に学ぶ至高の文章術

日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語の奥深さ」と「文章の極意」

2021年10月22日(金)10時41分
ニューズウィーク日本版編集部
オンライン座談会

オンライン座談会の様子

<日本でプロの物書きとして活躍するパックン、マライ・メントライン、カン・ハンナ、石野シャハランはいかにして日本語をマスターしたのか、文章術の秘密を座談会で公開。本誌「世界に学ぶ至高の文章術」特集より>

「言葉の達人」であるアメリカ出身のパックン、ドイツ出身のマライ・メントライン、韓国出身のカン・ハンナ、イラン出身の石野シャハラン。彼らに日本語の難しさや特徴、目標とするライター、面白い文章を書くコツなどをオンラインで語ってもらった(構成は本誌編集部。本記事は「世界に学ぶ至高の文章術」特集掲載の座談会記事の拡大版・前編です)。

◇ ◇ ◇


パックン まず、それぞれ何年ぐらい日本にいるのか教えてください。僕はたぶん一番先輩で、28年。あと2年で三十路を迎えます。

シャハラン 10月で19年になります。

マライ 今月で14年目になります。

ハンナ 私は10年。

パックン じゃあ、自分がちゃんと日本語をしゃべれると思ったのは、来日して何年ですか?

シャハラン 私の場合は、しゃべれなかったら、たぶん環境的に生きていけなかった。

パックン 良いツカミですねぇ~。どういう環境ですか?

シャハラン 半年以内に、何としてもしゃべれるようにならないといけなかった。東海大学の日本語研修課程で勉強していたんですよ。でも、決まった期間で学部生に進学しないといけない。ダメだったら国に帰るか、専門学校や日本語学校に行くしかなかった。

パックン 半年ぐらいで、授業についていける程度の日本語力が身に付いたんですか? すごいですね。地方に行くのは日本語を早く身に付ける秘訣というか、コツですよね。マライさんは(留学した大学は)東京だったでしょ?

マライ そうですね。といっても、最初に日本に来たのは16歳の時、1999年で。だからシャハランさんと似たような状況でメチャクチャ共感します。まだネットがそんなにアクセスできない時期でしたし、ネット辞書も全然ない。すごく薄い旅行者向けポケット辞書だけで日本に来て、姫路の田舎のほうの高校に通いました。外国人は1人もいない。関西弁ですし、日本語とはちがう言葉をみんな話している感じでした。

パックン じゃあ、難なく生活できるようになるのは、何カ月目ですか?

マライ 半年ですね。

パックン おお、やっぱり。

マライ もちろんもっと早くいろいろ分かるようにはなるんですよね。この状況では、こうとしか言わないだろう、となんとなく分かるようにはなる。

パックン 文脈ですよね!察するのは大事ですよね。

マライ もう、空気を読むマイスターになりましたね、本当に。

パックン ドイツのマイスター制度ですね。なぜその質問をしたのかと言うと、僕も半年くらいで、何とか生活できる程度の日本語を身につけて、2年ちょっとで、日本語検定一級を取ったんですよ。オレすげえな! と思ったんですが、試験会場で近くの人に聞いたら、10か月で取ろうとしていると。その人は韓国人だったんですよ。だから最後に、ハンナさんにわれわれの自慢を、ぶっ壊していただきたくて。

助詞という鬼門

ハンナ 流れがヤバイ(笑)。私はちゃんと日本語学校とかで習ってなくて、100%独学で、2カ月で喋れるようになりました。

パックン 凄いなあ。

ハンナ 全く日本語がしゃべれなかったんですけど、スカウトされてラジオが決まっちゃったんですよ。

パックン しゃべれないのにラジオが決まるの? いいなあ、そういう事務所入りたいなあ。

ハンナ 一人でしゃべるラジオをやらせていただきまして。ゆっくり文法を理解していくひまもなく、毎日1日20時間、1人で台本を丸ごと暗記をして。そしたら、2カ月ぐらいでしゃべれるってなりましたね。

パックン 読み書きはどれくらいで?

ハンナ 韓国人の特徴ですけれど、自分もけっこうハングリー精神が強い。なので日本で大学院を受験するぞ、と決めて、そこから独学で論文とか先行研究を読んで、受かったという流れですね。

パックン ほら、僕ら西洋人、全然大したことないじゃん。

ハンナ いえ、そんなことはないですよ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月