最新記事

子育て

タワマン暮らしの子どもたちが陥る、危ない「高所平気症」

2021年10月13日(水)13時30分
舞田敏彦(教育社会学者)
高層階に住む赤ちゃん

東京都心の中央区や港区では、高層階に住む乳幼児の割合が3割を超えている lolostock/iStock.

<乳幼児を高層階で育てると、子どもが高さへの恐怖を感じられない危険が指摘されている>

東京都心の虎ノ門に、54階の超高層ビルが建設されている。入るのはオフィスや商業施設等だが、高層階には一般住宅も入るらしい。50階以上の天空の暮らしとはどういうものか、下々の筆者には想像も付かない。

当然、子どもがいる世帯も入居すると思われるが、高さの感覚が育っていない乳幼児の場合、「高所平気症」が懸念される。高所から下を見下ろしても怖さを感じないことで、幼児がベランダから身を乗り出して転落する事故も相次いでいる。

タワマンの高層階に住む子どもは、超マイノリティーと思われるかもしれない。全国的に見れば、確かにそうだ。0~4歳の乳幼児498万1244人のうち、共同住宅の11階以上に住んでいる子どもは9万8816人(総務省『国勢調査』2015年)。パーセンテージでは1.98%でしかない。

だが地域差があり、都市部ではこの数値は高い。高層階に住む乳幼児の割合を都道府県別に出し、高い順に並べると<表1>のようになる。

data211013-chart01.png

全国値は1.98%だが、県別にみると0.11%から5.93%までの開きがある。奈良では11階以上の高層階に住む子は909人に1人だが、東京では17人に1人だ。東京は狭いが、人口がどっと押し寄せ、経済や文化の中枢としての機能も集中している(コロナ禍で変化の兆しはあるが)。そこで狭い土地を有効活用せんと、東京は「空」に伸び続けている。

東京の都心では少子化など「どこ吹く風」。子どもが増え続け、湾岸エリアの学校は悲鳴を上げている。タワマンに越してくる家族のためだが、今後、高層階で暮らす子どもは増えていくだろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月