最新記事

うつ病に治療のための、新たな脳深部刺激療法が開発される

2021年10月8日(金)17時30分
松岡由希子

うつ病に関与する脳部位は患者によって異なるとみられるため、従来の脳深部刺激療法は難しかった (Ken Probst/UCSF)

<うつ病の症状に関連する脳部位に神経刺激装置を埋め込んで電気刺激を与えるという「治療抵抗性うつ病」の新たな治療法の原理証明に初めて成功した>

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームは、うつ病の症状に関連する脳部位に神経刺激装置を埋め込んで電気刺激を与えるという「治療抵抗性うつ病(TRD:抗うつ薬に反応しないうつ病)」の新たな治療法の原理証明(PoP)に初めて成功した。

その研究成果は2021年10月4日に生物医学ジャーナル誌「ネイチャーメディシン」で公開されている。

うつ病に関与する脳部位は患者によって異なるとみられる

脳深部に電極を埋め込み、電気刺激を継続的に送り込むことによって症状の改善をはかる「脳深部刺激療法(DBS)」はパーキンソン病などの不随意運動疾患の治療に用いられ、うつ病をはじめとする精神疾患への適応についても研究がすすめられてきた。

しかし、うつ病に関与する脳部位は患者によって異なるとみられるため、一定の電気刺激を単一の脳領域にのみ送り込む従来の脳深部刺激療法の治療効果は、限定的なものにとどまっている。

そこで、研究チームは、うつ病の発症を示す脳活動の特殊なパターンを発見し、「神経系バイオマーカー」となるこのパターンを認識したときだけ反応するよう、従来の脳深部刺激療法用医療機器をカスタマイズした。これにより、脳回路の様々な領域を刺激でき、うつ病を引き起こす脳や神経回路への治療を患者ごとに行うことができる。

Personalized Deep Brain Stimulation Therapy (DBS)


研究チームは、アメリカ食品医薬品局(FDA)の治験用医療機器適用免除(IDE)のもと、2020年6月、長年「治療抵抗性うつ病」を患っている女性の脳にこの医療機器を埋め込んだ。電極リードの一方を「神経系バイオマーカー」と特定された脳部位に、他方を気分症状が最もよく緩和したうつ病脳回路に挿入したという。

その結果、女性患者のうつ病の症状は直ちに緩和され、その効果は15ヶ月間にわたって持続した。効果が現れるまでに4〜8週間を要する従来の「脳深部刺激療法」に比べ、大幅に早く症状を緩和できることが示された。

「従来の精神医学では患者ごとにパーソナライズ治療はできなかった」

研究論文の筆頭著者でカリフォルニア大学サンフランシスコ校のキャサリン・スキャンゴス医学博士は「うつ病患者にカスタマイズした治療を届け、症状を緩和できた。従来の精神医学では、このように患者ごとにパーソナライズした治療はできなかった」と述べている。

この治験にはすでに2名の患者が登録しており、さらに9名を加え、うつ病の発症を示すパターンに関与する脳回路は患者によってどのように異なるのか、治療を継続するにつれてこの脳回路は変化するのかどうか、解明していく方針だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ブラックロック連合、サウジアラムコのパイプラインを

ビジネス

日経平均は急反発、オミクロン株への警戒感和らぎ全面

ワールド

真珠湾攻撃から80年、前夜に戦艦ユタの追悼式

ビジネス

25年度までに5000億円規模のM&A視野、5G関

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月