最新記事

動物

「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友の腕の中で息を引き取る

2021年10月8日(金)19時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
自撮りに写り込むマウンテンゴリラ

ンダカシを一躍有名にした写真(2019年) Mathieu Shamavu for www.virunga.org via REUTERS

<ソーシャルメディアを通じて世界中で愛されたマウンテンゴリラ「ンダカシ」と、支え続けた飼育員の友情>

飼育員の自撮りに直立状態で写り込み、ネット上を賑わせたメスのマウンテンゴリラ「ンダカシ」が、長期にわたる闘病の末、9月26日の夜に死亡した。

ヴィルンガ国立公園(コンゴ民主共和国)のプレスリリースによると、このゴリラは、世話人、そして友人でもあるアンドレ・バウマの腕の中で息を引き取ったという。

「このような愛すべき生き物を支え、世話することができて幸せだった。特にンダカシが幼い頃、どんなトラウマを受けたかを知っていたから」

ンダカシは2007年、生後2カ月で公園に連れてこられた。同国東部にある国立公園のレンジャーが、武装した民兵に銃殺された母親の体にしがみついているのを発見した。

このゴリラはゴマのレスキューセンターに運ばれ、そこで初めてバウマと出会った。彼は一晩中ゴリラを抱きしめ、ぬくもりを分け与えた。

一命は取り留めたものの、家族を失ったトラウマと長いリハビリ期間による脆弱性のため、野生に戻ることはできないと公園側は判断。2009年に設立されたヴィルンガ国立公園のセンクウェクウェ・センターへと移された。

同センターは、ンダカシのように孤児となったマウンテンゴリラを保護する施設だ。密猟など、人間の行為によって何らかの被害を受けたゴリラのケアとリハビリが行われている。

公園での11年間の生活は、いくつかのテレビ番組や映画で取り上げられた。人々はンダカシの温かく遊び心のある性格を知ることになったが、一躍彼女をインターネット上のスターダムに押し上げたのは、2019年に公開された自撮り写真だった。

撮影するバウマの後ろで2本足で立つンダカシと、一緒に公園に到着したンデゼがカメラに視線を向けている。

ンダカシの影響力はソーシャルメディア上だけにとどまらなかった。ヴィルンガ国立公園内の治安を守るべく、コンゴ当局は大規模な改革に乗り出したのだ。

その効果もあって、マウンテンゴリラの生息数は2007年の720頭から47%増加し、21年には推定1063頭とされている。

「ンダカシがいなくなることは、ヴィルンガの私たち全員にとって寂しいこと。でもセンクウェクウェで過ごした時間のなかで彼女がもたらしてくれた豊かさに、私たちは永遠に感謝している」

バウマはそう締めくくった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月