最新記事

温暖化

65歳以上の熱関連死亡はこの20年で50%以上増加──220以上の医学雑誌が緊急提言

2021年10月7日(木)17時30分
松岡由希子

「地球の気温上昇や自然環境の破壊によって人々の健康はすでに害されている」 REUTERS/Alisha Jucevic

<220以上の医学雑誌は、地球温暖化防止に向けた緊急対策を講じるよう、各国政府や国際機関に求める提言を連名で発表した>

地球温暖化は私たちの健康にも深刻な影響を及ぼしつつある。2021年9月の国連総会や同年11月に英グラスゴーで開催される第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)に先立ち、「ランセット」、「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)」、「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」を含む220以上の医学雑誌は、地球温暖化防止に向けた緊急対策を講じるよう、各国政府や国際機関に求める提言を連名で発表した。

高温により、腎臓の機能障害、皮膚悪性腫瘍、熱帯感染症、アレルギーなどが増加

9月6日に「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」で公開されたこの提言は、「地球の気温上昇や自然環境の破壊によって人々の健康はすでに害されている」と警鐘を鳴らす。

65歳以上の熱関連死亡はこの20年で50%以上増加。高温により、脱水症状、腎臓の機能障害、皮膚悪性腫瘍、熱帯感染症、アレルギーなどが増加し、心臓血管および肺の罹患率や死亡率が高まっている。

地球温暖化は、異常気象や土壌の劣化による影響と相まって、農業生産にも影響を及ぼしている。主要作物の収量は1981年以降1.8〜5.6%減少。栄養不良の撲滅への取り組みを妨げ、少数民族や貧しい地域など、社会的弱者に特に深刻な影響をもたらしている。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると、現状のままでは、地球の気温が2030年頃に産業革命前比1.5度上昇するおそれがあるという。

地球温暖化防止にもコロナ対策同様の緊急対応が必要だ

今回の提言では「地球の気温が産業革命前比1.5度以上上昇し、生物多様性が減少し続ければ、人々の健康に壊滅的な危害を及ぼすおそれがあり、これを回復することは不可能になってしまう」と懸念を示した。

また、「新型コロナウイルス感染症への対策に世界全体で集中することは必要だが、温室効果ガス排出量の削減のためにコロナ禍が収束するのを待つことはできない」と主張。「多くの政府がコロナ対策に前例のない規模で財政支出を行っているが、地球温暖化防止にも同様の緊急対応が必要だ」と説いている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット=ホワイトハウス

ワールド

印ロ、防衛協力強化で合意 通商も拡大へ

ビジネス

ユーロ圏、経済支援継続を 高インフレは一過性=IM

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、22年に2%下回る可能性低い=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月