最新記事

米中関係

バイデンが「中国封じ込め」に本気のわけ

Joe Biden's Stance Against China Is Radically Different From Donald Trump's

2021年9月28日(火)22時03分
ジョン・フェン
バイデン

多国的枠組みで中国封じ込めを狙うバイデン Evelyn Hockstein-REUTERS

<トランプ時代の敵対政策に比べて協力に転じたと見える部分もあるが、バイデンも実は強硬だ。中国の味方は少なく、アメリカは前進している>

ジョー・バイデンがアメリカの大統領に就任して8カ月。政権交代によりドナルド・トランプ前大統領の下での敵対的な関係の見直しが進むのではという中国側の当初の期待にも関わらず、米中の緊張は続いている。

両国政府はトランプ時代より対話はするようになっているが、議論はちぐはぐだ。どちらも自国の基本原則を主張するばかりで、相手の言うことにはまるで耳を傾けない。

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は、トランプ政権が中国(特に共産党)を狙い撃ちにして行ったさまざまな報復措置が撤廃されるのを待っている。一方でバイデンが静かに振りかざそうとしているのは、民主主義VS.専制主義の存在を賭けた戦い(とバイデンが言っているもの)のためのアメリカの力だ。

貿易戦争や新型コロナウイルス問題をめぐるトランプ流の攻撃的なレトリックこそ姿を消したかも知れないが、バイデンの穏やかなトーンの陰には深い計算がある。両方を並べてみれば、「中国封じ込め理論」がこれまでになく現実味を持って見えてくるはずだ。これまでの軍事的な対抗関係に加え、経済やテクノロジー、外交の分野に加えてグローバルヘルスの分野のリーダーの座を巡っても、中国はアメリカとの厳しい競争に直面している。

「自由世界VS.中国」の構図

アメリカ政府は中国に対抗してワクチン外交を展開し、途上国に対する中国の影響力を弱めようとしている。また、国際的な協力関係の構築を通して中国にたびたび挑戦を仕掛け、中国はそのたびに「冷戦メンタリティー」だといらだちを示した。

中国の当局者、そして特に政府系の報道機関は、アメリカが失敗するとそれをことさらに取り上げる傾向がある。だが、アメリカの信用をおとしめようとする彼らの主張が世界の多くの人々の耳に届いているという証拠はほとんどない。さらに重要なのは、アメリカはゆっくりとではあるが前進を続けていること、そして既存の国際秩序を守ろうとするアメリカ主導の努力の勢いが衰える気配を見せていないことだ。

「トランプは中国との競争を、主にアメリカ対中華人民共和国という枠組みだけで見ていた。一方でバイデンは物事を、自由世界全体(リーダーはアメリカ)対中国というプリズムを通して見ている」と語るのは、コンサルタント会社パーク・ストラテジーズのショーン・キング上級副社長だ。

米中のライバル関係はもはや所与の条件だとキングは言う。「それにバイデンはできるだけ多くの国々や人を自分の側に付けたいと思っているようだ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 8

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 9

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月