最新記事

フィリピン

大統領立候補のパッキャオ、正式引退 フィリピンが誇る世界的プロボクサー

2021年9月28日(火)17時30分
大塚智彦

8月にラスベガスで行われたWBA世界ウェルター級王者ヨルデニス・ウガスとの対戦に臨んだパッキャオ。これが本当の引退試合になるのか? USA TODAY USPW - REUTERS

<72戦62勝という輝かしい記録をもつ男が、新たなステージに踏み出す決意をした──>

フィリピンのプロボクサーで世界的に名を知られるマニー・パッキャオ上院議員(42)がボクサーとして現役を引退することが正式に確認された。これはフィリピンの地元メディア「フィリピン・スター(ネット版)」が9月28日に伝えたもので、9月21日にネット上で公開されたインタビューの中でコメンテーターに対してパッキャオ氏が「私は引退した。ボクサーとしてのキャリアは終わった」と述べて現役引退を表明していたことを26日に本人が最終的に確認したとしている。

パッキャオ氏は2022年5月に実施される次期大統領選挙に最大与党から大統領候補として指名を受け、その指名を受ける形ですでに立候補しており、今後は政治活動に全力を傾注するものとみられ、国民的英雄としての全国的な人気と貧困層を中心とする根強い支持を背景に大統領当選への期待が高まっている。

21日の引退表明を自身が再確認

フィリピンの著名な芸能コメンテーターで女優、ブロガーでもあるトニー・ゴンザーガさんの番組「トニー・トーク」に出演したパッキャオ氏は9月21日、ユーチューブにアップされたインタビューでトニーさんから「もし大統領に当選したらボクサーとしてのキャリアはどうなるのか」と問われ、「ボクサーとしてのキャリアは終わった。家族はいつも引退を勧めてきたが情熱だけで長くボクシングをやってきた。だがもう終わりだ」と述べ、引退を表明した。

しかしその直後にパッキャオ氏のマネージメントを担当する興業会社の社長が米スポーツ専門チャンネル「ESPN」に対して「彼の引退表明は正式ではない。近いうちに自分自身でボクサーとしてのキャリアを今後どうするか結論をだすだろう」としてあくまで引退表明が正式なものではないことを強調していた。

これを受ける形でパッキャオ氏は9月26日に行われた地方政党の集会に参加し「もう(リングで)闘うことはない。まだそうしたい気持ちはあるがもう十分なほど長く闘ってきたのだから」と述べて21日の「引退宣言」を再確認した。

6階級制覇の国民的英雄

パッキャオ氏は南部ミンダナオ島の貧しい農家の出身で子供のころはタバコやパンを路上販売して家計を助けたが、経済的理由から中学を中退している。その後ボクシング界に入り、実力をめきめきと発揮して史上2人目という6階級制覇の世界王者として有名になった。

2010年に下院議員として当選し国政に参加。2016年からは上院議員として活躍する一方でボクサーとしても活動を続けていた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米台、半導体供給網巡り協議 協力の枠組み新設

ワールド

森林火災のCO2排出量、シベリアなどで過去最大=E

ワールド

原油先物は小幅高、オミクロン株懸念が後退 イラン核

ワールド

北京五輪への対応、適切な時期に諸般の事情勘案し決め

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月