最新記事

フィリピン

比ポストドゥテルテはプロボクサー? パッキャオ出馬で最大与党の派閥抗争が浮き彫りに

2021年9月20日(月)19時45分
大塚智彦
マニー・パッキャオ

「PDPラバン」の一部派閥から大統領選候補として指名されたマニー・パッキャオ上院議員。写真は8月21日、ラスベガスでWBA世界ウェルター級の王者ヨルデニス・ウガスと対戦したときのもの。USA TODAY USPW - REUTERS

<国家元首を擁する与党内で、派閥争いが繰り広げられるのはどこの国でも同じようで──>

フィリピンの最大与党「PDPラバン」の一部派閥は9月19日、開催した会議で同党所属のプロボクサー、マニー・パッキャオ上院議員を2022年5月に実施される次期大統領選挙の大統領候補として指名。パッキャオ氏が指名を受諾したことで同党の正副大統領候補が出揃った。

「PDPラバン」は9月8日にルソン島中部パンパンガ州サンフェルナンド市で開催した全国党大会でドゥテルテ大統領を支持する主流派閥が彼を副大統領候補に指名し、本人もこの指名を受諾した。一方でこのとき大統領候補として指名されたクリストファー・ボン・ゴー上院議員は指名を辞退。同党の正式な大統領候補は未定の状態が続いていた。

そうした「大統領候補者空席」の状況の中で開催された今回の一部会派によるパッキャオ氏の大統領候補指名・受諾に対し、てドゥテルテ大統領を支持する主流派閥は反発を強めている。そのため今後党内抗争が激化する可能性が高く、政治的混迷が大統領選に影響を与えそうな気配となっている。

反目しあう党内派閥の争い激化

19日の「PDPラバン」一部会派によるパッキャオ氏大統領候補指名は地元マスコミで大きく伝えらえたが、同時にドゥテルテ大統領を支持する主流派閥は「パッキャオ氏の指名は党の総意を反映していない」と批判。逆にパッキャオ氏を指名した派閥は「ドゥテルテ大統領を副大統領に指名した一派による党の乗っ取りは許さない、党は一つでありわれわれは戦う」と相手を非難。それぞれ相手の候補者を認めない立場を明らかにし、対立が激しくなっている。

最大与党「PDPラバン」内部では以前からドゥテルテ大統領支持派とパッキャオ上院議員支持派による主導権争いがあり、必ずしも一枚岩ではなかった。

そうした状況でドゥテルテ大統領の側近であるボン・ゴー上院議員が大統領候補指名を拒絶したことで、大統領候補の指名が党内で再調整されることになり、パッキャオ氏指名の動きが高まり、支持派が一気に指名に持ち込んだ結果だった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:コロナ新変異株の出現、主要国の金利見通しに「

ワールド

中国、北部都市でコロナ感染が再拡大 規制を強化

ワールド

台湾と欧州、民主主義守るため協力必要=蔡総統

ビジネス

中国恒大株が4.8%下落、会長が保有株売却 花様年

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月