最新記事

アフガニスタン

タリバンに追われる女性検察官が調べていたこと

Taliban Used Children to Plant Bombs, Now Hunts Prosecutor Who Investigated

2021年9月17日(金)20時57分
デービッド・ブレナン

しかしタリバンの報道官が報復目的の殺害は行わないと述べ、女性の安全を保障すると約束する一方で、タリバンの戦闘員たちは前政府の下で働いていた者たちを攻撃したり、若い女性を誘拐して戦闘員と結婚させたりしている。

タリバンの厳格な解釈に基づくシャリーア(イスラム法)を順守するよう女性たちに強制し、学校や大学では男女の隔離を進めている。

タリバンによる厳格な統治の復活に抵抗している女性たちもおり、アフガニスタン各地で、過去20年に女性がようやく手にした自由を守るための抗議デモが展開されている。

タリバンの戦闘員たちが複数の抗議デモの現場で、デモ隊に暴力を振るったり発砲したりしたことが確認されている。一部報道によれば、ヘラート州ではデモ参加者が仕事を奪われ、カンダハル州では銀行の窓口係として働いていた複数の女性が、銀行を立ち去るよう命じられた。

20年の進歩が帳消しになるおそれ

タリバンはまた、多くの働く女性に対して、「安全保障上の理由」から自宅にとどまるよう求めている。アフガニスタンの女性たちや複数の人権擁護団体は、アフガニスタンで抑圧されてきた女性たちが過去20年で達成してきた進歩──都市部に集中した限定的なものだが──を、タリバンが帳消しにしようとしていることが伺えると警告している。

「アフガニスタンは私の国だ」とミナは本誌に語った。「ここが大好きだが、私にとってはとても危険な状況だ。アフガニスタンを脱出しようと試みているが、その方法がなくて身動きが取れない」

20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月14日号(12月7日発売)は「真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶」特集。「戦没した家族」の足跡を追いかけて・前編――文:櫻井 翔

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

グラクソのコロナ治療薬、オミクロン株の全ての変異に

ビジネス

トヨタ、性能に支障ない「傷アリ」部品採用 仕入先の

ワールド

ユーロ新紙幣、3年後に導入へ 包摂性を重視=ECB

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月