最新記事

地球

波間に消えた第8の大陸「ジーランディア」、想定より5億年古かったことが判明

2021年9月2日(木)16時30分
青葉やまと

ジーランディアは、ニュージーランド・ニューカレドニア周辺地域に現存する大陸地殻 wikimedia

<地下のラボで砂粒をより分ける地道な研究が、地球の過去の姿を明らかにした>

小さな島国であるニュージーランドの周囲の海域には、ジーランディアと呼ばれる大陸地殻が広がっている。ニュージーランドの南東から北西にかけての領域に広がり、北西の端はオーストラリア大陸の沖合にまで迫る。

その面積は490万平方キロほどに達しており、オーストラリアと比べると3分の2ほどというサイズ感だ。その一部はニュージーランド北島・南島やニューカレドニア島などとして海面上に顔を覗かせているが、全体の94%が海面下に沈んでいる。ほぼ姿を隠していることから「失われた大陸」の異名が付けられ、1990年代後半から地質学者たちの興味を掻き立ててきた。

そんなジーランディアについて、新たな発見がここ数ヶ月で注目を集めている。採集された花崗岩のサンプルをニュージーランドの研究者が分析したところ、10億年から13億年ほど前に形成された岩石であることがわかった。これまでジーランディアの成立時期は約5億年だとするのが定説であったが、大陸として独立する前に属していた超大陸も含めると、その倍ほどの歴史を持っていたことになる。従来はジーランディアは若すぎるとして大陸と認めない考え方もあったが、再考を迫るものとなりそうだ。

実は存在しない、「大陸」の定義

研究はニュージーランドのGNSサイエンス社に勤めるローズ・ターンブル博士らが研究を進め、その成果をまとめた論文が今年5月、地質学誌『ジオロジー』に掲載された。

ジーランディアは第8の大陸ともいわれるが、何をもって「大陸」と判断するかについては、実は地質学の世界にも統一的な定義はない。論文を共同執筆したヨシュア・シュワルツ博士は米ナショナル・ジオグラフィック誌に対し、「真に厳格な大陸の定義がないことは、地質学のダークな秘密なのです」と語っている。博士は米カリフォルニア州立大学ノースリッジ校で地質学を研究しており、専門は花崗岩だ。

一般的には大陸を認定する際、規模や成立時期などが判断材料となるが、ジーランディアの場合は成立年代が浅すぎることがネックになっていた。独立した大陸ではないと位置付ける学者もあったが、今回の発見により、第8の大陸とみなす動きが加速しそうだ。

ピンセットを頼りに

ジーランディアの中心部には、北東から南西部にかけて、花崗岩を多く含有する地質帯が貫いている。ターンブル博士とシュワルツ博士らはこの領域と陸地部分が交わるニュージーランド南部に注目し、2ヶ所から花崗岩のサンプル計169点を採集した。

これを分析したところ、マグマに含まれるミネラル分が結晶化した「ジルコン」が抽出された。ジルコンは非常に頑丈であり数億年単位でその性質を保つうえ、結晶化の過程でウランを含んでいることが多い。博士たちはサンプルにウラン・鉛年代測定法を適用し、花崗岩の成立年代の特定に成功した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米大統領、高額薬価巡り製薬会社批判 抑制策の早期可

ワールド

自民党に岸田首相直轄の財政健全化推進本部、最高顧問

ワールド

スーチー氏への禁錮刑、好ましくない動きで懸念=松野

ワールド

米欧5首脳、ウクライナ情勢協議 ロシアの脅威に連携

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月