最新記事

音楽フェス

英・音楽フェスで4700人が感染、デルタ株亜種「フェスティバル株」が発生?

2021年9月7日(火)17時23分
松丸さとみ

この音楽イベントの参加者から、デルタ株の亜種が新たに出現した? Photo: Boardmasters Festival

<イングランド南西部で行われた音楽フェスティバルが、世界屈指の「スーパースプレッダー・イベント」となっていたことが明らかになった。このイベントからデルタ株の亜種も見つかっている>

5万人以上参加のイベント後、若年層でコロナ拡大

英国では、2020年の音楽フェスティバルは新型コロナウイルスでほとんどがキャンセルになったが、今年は8月に大規模なものがいくつか開催された。なかでも、イングランド南西部で行われたものが、世界屈指の「スーパースプレッダー・イベント」となっていたことが明らかになった。このイベントからデルタ株の亜種も見つかっている。

イングランドでは7月に、対人距離の確保やマスクの着用義務、イベントの人数制限など、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための行動制限が、ほぼ解除された(一部の公共交通機関ではマスクの着用は引き続き求められている)。また、ワクチン接種も順調に進んでいる。

こうした背景の中、イングランド南西部コーンウォールにある海辺の町ニューキーで、8月中旬に音楽フェスティバルとサーフィンの大会であるイベント「ボードマスターズ・フェスティバル」が5日間にわたって行われた。参加者は5万3000人に上ったが、その後、若年層での新型コロナ感染者が急増したという。

地元メディア「コーンウォール・ライブ」は8月23日付の記事で、コーンウォール自治体が記者会見で、ボードマスターズ・フェスティバルに参加して感染した人や、参加者から感染した人の合計は、4700人に上ると発表したと報じた。感染者の4分の3は16~21歳だった。英統計局のデータを見ると、8月中旬時点でワクチンを2回とも接種した16~24歳の割合は、25.5%だ。

デルタ株亜種「フェスティバル株」が発生との疑いも

さらに英iNewsは8月29日、この音楽イベントの参加者から、デルタ株の亜種が新たに出現した恐れがあると報じた。南西イングランド地域におけるパンデミック対応を担当する匿名の上級職員が明らかにしたもの。

iNewsによると、デルタ株はすでに亜種がいくつも生まれている。しかしボードマスターズ・フェスティバルに参加した人たちが感染しているのは、一様にデルタ株の新しい亜種であるため、この地域の医療関係者はこれを「フェスティバル株」と呼んでいるという。

一方でイングランド公衆衛生局(PHE)はiNewsに対し、今回見つかったデルタ株の亜種が、ボードマスターズで出現したものであるという証拠はまだ見つかっていないと述べており、引き続き監視を続けるとしている。

なおiNewsによると、ニューキーは8月末の時点で、10万人あたりの感染者数は2000人以上と、イングランドでもっとも高い感染率になっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

10万円給付、全額現金の適用基準を検討へ=磯崎官房

ワールド

インド中銀、政策金利を過去最低に据え置き 「成長が

ワールド

前澤氏、宇宙へ出発 ソユーズ打ち上げ

ワールド

FRB幹部の金融取引、ウォーレン議員が情報開示要求

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    BTSメンバーのインスタ開設は「終わりの始まり」?

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 9

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月