最新記事

スポーツ

ラグビー選手、1シーズンでも脳に悪影響を受けることが判明 英研究

2021年9月15日(水)16時02分
松丸さとみ

ラグビーW杯3位決定戦 ニュージーランド対ウェールズ戦  (記事とは関係ありません)REUTERS/Issei Kato

ラグビーW杯3位決定戦 ニュージーランド対ウェールズ戦  (記事とは関係ありません)REUTERS/Issei Kato

激しいタックルなどが行われるラグビーでは、選手が脳振とうを起こすことも珍しくなく、これまで脳への影響が懸念されてきた。このほど英国で、プロのラグビー選手を対象に行われた調査で、1シーズンだけでも選手の脳に悪影響が出ることが明らかになった。

長期的に見ると、こうした影響が人生の後になって神経変性疾患につながる可能性があるという。調査結果は、学術誌ジャーナル・オブ・エクスペリメンタル・フィジオロジーに掲載されている。

21人のプロ選手を対象に1シーズンを追跡調査

今回の調査を行ったのは、ラグビーが盛んな大学でもある、サウスウェールズ大学のダミアン・ベイリー教授らのチーム。プロのラグビー選手が、1シーズン中に試合や練習で繰り返し他の選手と接触することで、脳への血流量や認知機能に、それぞれどのような影響が起きるかを調べた。

調査に参加したのは、ユナイテッド・ラグビー・チャンピオンシップ(URC)に参加しているプロ・チーム(チーム名は非公開)で、フォワード13人、バックス8人の計21選手。URC(31試合)のシーズン前、シーズン中、シーズン後にそれぞれ、各選手から血液分子、脳血管、認知能力(推論、記憶、知的作業の遂行、案の策定)などに関するデータを集めて比較した。

またシーズン中には、選手が試合中に何度、他の選手と接触(衝突)したかや、脳振とうを起こしたかについても調べた。シーズンが終了したところで、前述のデータと試合での接触状況とを照らし合わせた。

脳への影響が累積していく懸念も

試合中に受けた衝突、タックル、ジャッカルの数は、いずれもフォワード選手の方が多かった。また、シーズン中に発生した脳振とうは合計で6回だったが、フォワード選手5回、バックス選手1回と、フォワードが圧倒的に多かった。

とはいえ、脳への血流量の減少や認知機能の低下は、ポジションにかかわらずどの選手にもみられたという。ただし、ベイリー教授は英公共放送BBCに対し、「フォワード選手の方が接触の数が多いため、バックスより悪化の度合いが大きい」と話している。

研究チームによると、ラグビー選手を対象にした調査はこれまで、脳振とうについて調べたものが多く、接触によって生理的に選手にどのような影響が出るかを調べたものはなかった。研究チームは今回の調査結果から、これまで問題とされてきた脳振とうのみならず、繰り返しの接触(タックルやジャッカルなど)によっても、脳の血流量の減少や認知機能の低下が引き起こされた可能性があるとしている。

研究チームはまた、こうした脳への影響は累積していき、後になって神経変性を引き起こす可能性があることから、さらなる調査が必要だとしている。神経変性疾患とは、神経細胞が変性して神経系の機能が損なわれる病気で、アルツハイマー病やパーキンソン病などがある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月