最新記事

宇宙開発

「まずは私たちの惑星を救おう」──宇宙旅行に熱心な億万長者に否定的な声多数

2021年8月2日(月)17時10分
松丸さとみ

宇宙事業に取り組む理由は、気候変動から人々を救うため?  REUTERS/Joe Skipper, Virgin Galactic

<宇宙空間へと旅立ったブランソン氏とベゾス氏。先を競うように宇宙旅行をする億万長者に対して、否定的な声も少なくない>

先を競うように宇宙へ向かった2人の億万長者

今年7月、2人の億万長者が先を競うように宇宙へと旅立った。しかしそのはしゃぐ姿をよそに、「宇宙開発の前に地球の危機に目を向けるべき」「ロケット発射で地球環境が破壊されるのでは?」といった懸念の声も上がっている。

米アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏は6月7日、自身のインスタグラム・アカウントで、宇宙旅行の計画を明らかにした。「5歳の頃から、宇宙旅行を夢見ていた。7月20日に、弟を連れてその旅に出る」と投稿したのだ。米フォーブス誌は、「ベゾス氏、初の"宇宙億万長者"に」と報じた。

ところが間もなく、ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏が、ベゾス氏よりも9日早く、「初の宇宙億万長者」となることが明らかになった。同氏が立ち上げた宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックが7月1日、飛行機型の宇宙船「スペースシップ2・ユニティ」による試験飛行(同社4度目の有人飛行)を7月11日に実施すると発表。この際に、ブランソン氏自らが搭乗することになったというのだ。

ブランソン氏は旅行前、米ワシントンポスト(7月1日付)とのインタビューで、11日に宇宙へ行くと決めた理由について、20日と公表していたベゾス氏を打ち負かそうとしたわけではないと述べ、「同じ月に宇宙へ行くのは、信じられないような、素晴らしい偶然に過ぎない」と話していた。

かくして7月11日、宇宙に向かったブランソン氏は、無重力状態になった機内から地球を見下ろしつつ、感動を次のように言葉にした。「私はかつて、星を見上げながら夢を見ていた子どもだったが、今や宇宙船に乗って美しい地球を見下ろす大人になった」。

続いて20日、ベゾス氏は自身が立ち上げた宇宙企業ブルーオリジンによる初の有人飛行として、弟のマーク・ベゾス氏など計4人で、ロケット「ニューシェパード」に乗って宇宙旅行へと向かった。

宇宙レースの加速は必至

ブランソン氏と2人のパイロット、ヴァージン・ギャラクティックの社員3人の計6人を乗せたユニティが向かったのは、高度85キロほどの場所だったと言われている。地上を離れてから再び地球に戻ってくるまでに要した時間は約1時間だった。

一方でベゾス氏を乗せたニューシェパードは、高度106キロまで達したが、テイクオフからランディングまでは11分間で、宇宙空間にいたのは約4分間だった。

「どこからが宇宙か」については、世界的に共通の見解が存在しないため、さまざまな定義がある。アメリカ海洋大気庁の環境衛星データ情報局によると、米軍および米航空宇宙局(NASA)は、地表から50マイル(約80キロ)からを宇宙と定義する。また、国際航空連盟(FAI)は海抜高度100キロをカーマン・ラインと呼び、ここから先が宇宙だとしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ユーロ新紙幣、3年後に導入へ 包摂性を重視=ECB

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

ビジネス

東芝、会計処理問題で法人株主と和解 19.2億円支

ワールド

仏大統領選、共和党候補選出ペクレス氏の支持率上昇=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月