最新記事

東京五輪

女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

Joyner’s Records Could Be Broken in Tokyo, Her Husband Says

2021年7月29日(木)19時23分
マギー・ジャイル
ソウル五輪のジョイナー

ソウル五輪で3個の金メダルと1つの銀メダルを獲得したジョイナー。100と200の記録は33年間破られていない Olympics-YouTube

<ソウル五輪以来33年破られていない100と200の不滅の記録、圧倒的過ぎるだけにドーピング疑惑もつきまとった疑惑の記録は破られ、東京大会で歴史が作られるかもしれない>

陸上短距離の女王と呼ばれた故フロレンス・グリフィス・ジョイナーが1988年のソウル五輪で樹立したオリンピック記録は東京で破られる可能性があると、アメリカの元陸上代表でジョイナーの元夫のアル・ジョイナーがAP通信に語った。

webw210729_joyner2.jpegソウル五輪のジョイナー夫妻(1988) REUTERS

「フロー・ジョー」の愛称で親しまれたフロレンス・ジョイナーが樹立した100mと200mの記録は33年間破られていない。今の陸上女子短距離のトップ選手の多くは、彼女が活躍した当時、まだ生まれていなかった。ソウル五輪直前の代表選考会で出した100mの世界記録10秒49と五輪本番の200m決勝で出した21秒34は不倒の大記録として、現役スプリンターの目の前に立ちはだかっている。

記録更新が期待されるのはジャマイカ勢だ。北京とロンドン大会の金メダリストで、出産後に復帰した「マミー・ロッカー」ことシェリーアン・フレイザープライスは6月にジャマイカで行われた競技会で女子100m歴代2位となる10秒63をマーク。チームメイトのエレイン・トンプソンも7月に10秒71を出した。アメリカの女子短距離のホープ、シャカリ・リチャードソンも4月に10秒72をマーク。フロレンス・ジョイナーが1988年9月24日にソウルで出した女子100mのオリンピック記録10秒62が破られるのは時間の問題だろう。


「私を超えてほしい」

AP通信が伝えた詳細は以下のとおり。

アル・ジョイナーは亡き妻が打ち立てた記録が破られても驚かないと話した。たとえ東京で破られなくとも、2024年のパリ五輪か、それ以前に新記録樹立のチャンスがあると、彼は見る。自分の記録が破られるのは、フロレンスにとっては本望だ、というのだ。

「彼女はあるとき私に言った。『若い選手には私の後を追いかけてほしくない。私を超えてほしい』と。それが彼女の変わらぬ夢だった」

フロレンスの記録には疑問がつきまとい、過去には公認取り消しを求める声も上がった。

当時としては考えられないようなタイムであること、以後30年余りもコンマ14秒圏内まで迫れたスプリンターがいないことから、ソーシャルメディアなどでは、露骨にドーピングを疑う声が上がっている。100mの世界記録が出たインディアナポリスでの予選会では、かなり風が強く、他の記録の多くは「追い風参考」となったが、ジョイナーが走ったときは風速ゼロだったとして世界新と公認された。またソウル五輪でベン・ジョンソンが出した記録がその後のドーピング検査で剥奪されるなど、男子の記録はたびたび公認が取り消されてきたにもかかわらず(現在の世界記録は2009年にウサイン・ボルトが出した9秒58)、ジョイナーの記録は一貫して問題なしとされてきたことも疑いの目で見られている。

ニュース速報

ワールド

自民総裁選きょう投開票、結果は午後2時過ぎ 決選な

ワールド

北朝鮮、28日に新型極超音速ミサイルの発射実験実施

ワールド

米国防トップが議会証言、アフガン政府軍の崩壊に「驚

ビジネス

英GSK、塩野義と長期作用型HIV治療薬を開発へ

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ・ホテル業界の慣習が物議

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    アルツハイマー病の原因とみられる「アミロイドβ」の…

  • 6

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 9

    タリバン「公開処刑再開」の一方で、若い戦闘員は青…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ…

  • 10

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月