最新記事

ドキュメンタリー

愛妻にバラバラ死体にされた日系御曹司...猟奇殺人事件の真相に迫る

Why Did She Do It?

2021年7月28日(水)18時56分
モリー・ミッチェル
殺人事件被害者のマルコスと加害者のエリーゼ

COURTESY NETFLIX

<実業家だった日系人男性が、不倫の末に結婚した女性に頭を撃たれ、7つに切断されて遺棄された事件を追う『エリーゼ・マツナガ』>

ネットフリックスで配信が始まった『エリーゼ・マツナガ:殺人犯が抱える心の闇』。服役中の殺人犯エリーゼ・マツナガに取材し、ブラジル全土に衝撃を与えた猟奇事件の真相に迫る話題作だ。

2012年5月19日、エリーゼはサンパウロの自宅で夫マルコスを射殺した。全4話のドキュメンタリーは悲劇に至るまでの2人の人生に光を当てる。

日系人の実業家マルコスは大手食品会社ヨキ創業者の孫で、エリーゼとは売春婦の紹介サイトで出会った。大学で法律を学んでいたエリーゼは、学費を稼ぐために「ケリー」の源氏名で体を売っていた。

マルコスは既婚者だったがエリーゼと関係を持ち、同棲を始めた。3年後に最初の妻との離婚が成立すると、2人は結婚。娘も生まれた。

ドキュメンタリーによれば、娘が生まれる前から夫婦仲はぎくしゃくしていた。マルコスの不倫を知り離婚するつもりだったと、エリーゼは述懐する。関係を修復したのは、妊娠が分かったからだった。

拳銃で撃ったうえ喉を切り裂く

だが娘の誕生から間もなく、夫はまたしても疑わしい行動を取り始める。エリーゼは当時42歳だったマルコスの頭部を拳銃で撃って殺害し、喉を切り裂いた。遺体は7つ──頭部、上半身、下腹部、四肢──に切断してゴミ袋に詰めた。犯行現場は家庭用の漂白剤で掃除した。

マンションの防犯カメラには5月20日の朝、3つの大型スーツケースを引いてエレベーターに乗るエリーゼが映っていた。マルコスが最後に目撃されたのは19日の晩で、ロビーで宅配ピザを受け取る姿をカメラが記録していた。

エリーゼは行方の分からないマルコスの安否を気遣うマツナガ家に、彼は愛人のもとに行ったと説明した。

28日、30キロ離れたコチア市の道端で頭部が見つかり残りの遺体も次々に発見された。

携帯電話の位置情報からエリーゼが容疑者として浮上。彼女は12年6月に逮捕され、犯行を自白した。16年12月には、夫を殺害し遺体を損壊し遺棄した罪で懲役19年11カ月と1日の判決が下された。

エリーゼは衝動的に夫を殺した、引き金を引かせたのは夫の裏切りだと弁護側は主張した。事件の前、不倫を疑ったエリーゼは探偵を雇った。そして探偵は疑惑を裏付ける証拠を入手した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英競争規制当局、米メタのジフィー買収を阻止へ=FT

ビジネス

テンセント傘下テンペイに罰金、中国外為当局が規制違

ワールド

フィリピン、今後3日間で900万人にコロナワクチン

ビジネス

印リライアンス、英通信BTグループへの買収提案検討

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月