最新記事

スポーツ

「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

2021年7月21日(水)22時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
オリビア・ブリーン

2017年世界パラ陸上競技選手権で100メートル走と走り幅跳びを制したオリビア・ブリーン PETER CZIBORRA-REUTERS

<「願わくば、東京でも着用したい」とオリビア・ブリーンは語る>

東京パラリンピックに陸上競技で出場予定の英代表選手オリビア・ブリーンは、日曜に走り幅跳びで出場した英国選手権で、競技用のショーツが「短すぎて不適切」として女性審判から指摘された。

これに対してブリーンは、「言葉を失った」と振り返っている。

脳性麻痺を患う24歳のブリーンは、2012年のロンドンパラリンピックの100メートル走で銅メダルを獲得。15年と17年の世界パラ陸上競技選手権では、100メートル走と走り幅跳びでそれぞれ金メダルを獲得している。8月に開催される東京パラリンピックでも同じショーツを着用する予定だという。

ブリーンは今大会後、ツイッターで大会審判に向けて謝意を示すと同時に女性審判の指摘に対して疑問を投げかけた。

「私は何年も同じスプリントスタイルのブリーフを履いていて、これは競技用に特別にデザインされたものです。願わくば、東京でも着用したいと思っています」

この問題について、同じ状況で男子選手が特別視されることはなかっただろうと漏らした。

イギリス陸上競技連盟(UKA)に正式な苦情を申し入れると語ったブリーンは、女性が気後れするようなことがあってはならないとコメントした。

月曜には、競技で着用したユニフォーム姿の写真とともに胸の内をツイッターに投稿。

「あたたかい応援メッセージをありがとうございます。他の多くの人にも起こっていることだと聞いて残念でなりません」と書き込んだ。

この一件は、ブルガリアで開催されたビーチハンドボール欧州選手権でノルウェー代表チームの選手たちがビキニ着用を拒否して罰金を科されたのとほぼ同時に起こった。

国際ハンドボール連盟(IHF)は、試合に出場する女子選手はスポーツブラとビキニボトムを着用しなければならないと規定している。

ノルウェーの選手たちは、この規則と罰金措置を承知の上で試合に臨んだ。

「(ビキニは)無駄に性的で、不快な気分にさせられる」と訴えた。

女性アスリートは競技だけでなく、向けられる視線との戦いも強いられている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月