最新記事

韓国

韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

2021年7月14日(水)18時07分
佐々木和義

日本製品不買運動でターゲットになった日本製バイクが、コロナの影響で販売が伸びている

<韓国で日本製品不買運動のターゲットになった日本製バイクだが、コロナの影響で販売が伸びている。その理由とは...... >

新型コロナウイルスが蔓延し、経済が萎縮する韓国で、日本製オートバイの販売が伸びている。国土交通部の二輪自動車登録台数は、2012年に200万台に達して以降、年1万台ペースで増えていたが、2020年、前年より5万2000台余り多い228万9000台に急増した。増加したオートバイの多くが輸入車で、なかでもホンダ・ヤマハ・スズキのシェアが拡大している。

日本製品不買運動に続くコロナ禍で、トヨタとレクサスが苦戦を強いられ、日産が撤退を余儀なくされたが、ホンダ・コリアは二輪車が支えているとも言われている。

商用オートバイは日本製が80%を占める

韓国のオートバイは商用利用が主流だ。首都圏など坂が多く、早くから低運賃のバス路線が発達したこともあり、自転車やオートバイが市民の足として定着することはなかった。

90年代、ホンダの技術支援を受けた大林(デリム)とスズキのライセンス生産で事業を開始した暁星(ヒョソン・現KRモータース)が、商用車を中心に年間30万台のオートバイを生産していた。

2000年代に入ると提携を解消したホンダが韓国に進出した。大林とKRモータースをホンダが追う3強体制となり、また、配達の主力がオートバイから自動車に移行して、韓国二輪自動車産業は一気に衰退した。現在、韓国のオートバイ市場は年8万台から10万台で推移するが、およそ7割が輸入車だ。

ホンダは2016年にKRモータースを抜き、19年上期には大林を抜いて1位に浮上。また、ヤマハがKRモータースを抜いて3位に浮上した。19年1月-7月期の販売台数はホンダ18200台、大林13300台、ヤマハ4500台、KRモータース3500台、スズキ2500台などとなっている(韓国二輪自動車産業協会)。

大型オートバイは、日本のホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキと欧米のBMWやハーレーダビッドソンなどが競合するが、主力の商用オートバイは日本製が80%を占めるようになった。

「ペダル(配達)文化」が発達した韓国

2019年7月、日本政府が対韓輸出管理を強化して日本製品不買運動が拡散し、オートバイも標的になった。
同年8月19日、韓国輸入二輪車環境協会がソウル市中区で日本製オートバイを破壊するパフォーマンスを行った。オートバイを燃やす計画だったが、警察署と消防署が許可しなかったため、日本製オートバイ4台を金槌で破壊した。

不買運動に加えてBMWが攻勢をかけるなどで、19年下期から20年初めにかけて、日本製オートバイの輸入額が50-60%減少したが、新型コロナウイルスの拡大に伴って、再び上昇に転じた。

韓国は「ペダル(配達)文化」が発達しており、オンラインで注文すると、あらゆる料理や食材が配達される。ライダーと呼ばれる配達員は、かつては専業が多かったが、自身の都合で注文を受けて配達するアルバイトが増えている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、28日に新型極超音速ミサイルの発射実験実施

ワールド

米国防トップが議会証言、アフガン政府軍の崩壊に「驚

ビジネス

英GSK、塩野義と長期作用型HIV治療薬を開発へ

ワールド

英首相、燃料問題でクリスマスに向け供給網整備強調

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ・ホテル業界の慣習が物議

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    アルツハイマー病の原因とみられる「アミロイドβ」の…

  • 6

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 9

    タリバン「公開処刑再開」の一方で、若い戦闘員は青…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ…

  • 10

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月