最新記事

日本社会

統計上の失業率では見えない「潜在失業者」に目を向けよ

2021年5月12日(水)13時30分
舞田敏彦(教育社会学者)
コロナ禍の失業イメージ

コロナ禍で非正規雇用の女性の就労者数は大きく減っている Plateresca/iStock.

<子育て中の女性など、働きたいと思っても求職活動すらできない人の数は統計値には反映されない>

コロナ禍で生活不安が広がっているが、人々の生活困窮を可視化する代表的な指標は失業率だ。失業率とは、働く意欲のある人のうち、職に就けないでいる人が何%いるかを言う。分子には、調査時点でハローワークに行くなど具体的な求職活動を行った人の数が入る。

しかし、働きたいのに職に就けないでいる人をこのように限定していいのだろうか。就労を希望しつつも、様々な事情から求職活動ができない人もいる。上記の当局の定義だと、こういう人は失業者とはカウントされない。このように漏れている人は「潜在失業者」と呼ばれたりする。

生活困窮の指標としての失業率を出す場合、こうした潜在部分もすくわなければならないだろう。<図1>は、2017年の総務省『就業構造基本調査』から作成した15歳以上人口の組成図だ。

data210512-chart01.png

働いている有業者と、働いていない無業者の比率は大よそ「3:2」となっている。有業者は、従業地位でみると正規雇用、非正規雇用、それ以外の自営等に分かれるが、最近では非正規雇用の比重が増している。よく言われるように、今では働く人の3割が非正規雇用だ。

右側の無業者は、働く意欲がある人とそれがない人(⑥)からなる。前者は、求職活動をしている求職者(④)と、それをしていない非求職者(⑤)に分かれる。一般的な失業率は以下のようにして算出される。狭義の失業率と呼んでおく。

▼狭義の失業率=④/(全体-⑥)

分子は求職活動をしている人で、分母には、働く意欲がない就業非希望者(⑥)を全数から除いた数が入る。

だが上述のように、「働く意欲のある人のうち、職に就けないでいる人は何%か」という意味の失業率にするには、上図の⑤も分子に加えるべきだろう。調査時に求職活動をしなかった(できなかった)というだけで、就労を希望していることには変わりない。この部分も含めた広義の失業率は以下の式で出す。

▼広義の失業率=(④+⑤)/(全体-⑥)

<図1>の④~⑥の数値を使って2つの失業率を出すと、狭義の失業率が4.5%、広義の失業率が11.4%となる(2017年10月時点)。倍以上違うが、生活困窮を測る失業率としては、潜在量も含めた後者のほうがいい。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

JERA、豪ガス田の権益取得 LNG調達へ

ワールド

サウジ記者殺害事件の容疑者1人、仏空港で拘束

ワールド

豪も外交ボイコット表明、北京五輪に政府高官派遣せず

ビジネス

街角景気、11月は前月比+0.8ポイント コロナ感

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    安倍元首相オンライン演説を台湾はなぜ歓迎しないの…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月