最新記事

デジタル化

日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

2021年4月13日(火)17時10分
ニューズウィーク日本版編集部
菅義偉、新型コロナウイルス

ワクチン接種が遅れるなか、日本各地で再び感染が拡大し始め、出口は一向に見えてこない David Mareuil-Pool-REUTERS

中国が新型コロナウイルスを完全に抑え込めているのは、「デジタル監視国家」だからなのか。だとすれば、日本はそこから何を学べるのか――。

その疑問に答え、示唆を得るべくデータ共産主義の「正体」に迫ったのが、4月13日発売の「日本を置き去りにする デジタル先進国」特集(2021年4月20日号)。

だが中国に限らず、このコロナ禍は世界各地で国レベルの「デジタル力」を問う試金石となっている。

日本がデジタル化に遅れていることは言わずもがなだが、ほかには例えば、どこが「デジタル後進国」なのか。

接触確認や感染経路追跡、ワクチン接種証明......。コロナ禍で露呈した「落第生」を4カ国選び、その混乱ぶりを紹介する。

アメリカ

2020年の世界デジタル競争力ランキング第1位だが、州により対応が異なる上、政治的社会分断の影響もあり混乱が続く。

接触確認アプリは州ごとに開発。現在はワクチン接種歴を示す「ワクチンパスポート」が議論され、保守派はプライバシーへの懸念から反対している。

州としては初めてニューヨーク州が3月末に導入したが、共和党知事のフロリダ、テキサス両州ではパスポート義務付けを禁止。

連邦政府も「証明書の携行を義務付ける制度は支持しない」と表明した。

フランス

昨年6月に接触確認アプリを開発したが、人口の5%未満しかインストールせず失敗。

デジタル追跡は「フランス文化に合わない」と当時の担当大臣自ら発言するほどだ。

多くのEU諸国は接触確認のデータを「分散型」で管理するが、フランスでは政府が一括管理。個人が特定されないよう匿名化されるが、プライバシーをめぐる議論を呼んだ。

10月にはアプリを改良し、外出禁止免除証明書へのリンクを付けるなど利便性が向上したが、果たして――。

ハンガリー

コロナ禍を最も「悪用」した指導者の1人であるオルバン首相は昨年3月末、首相権限を無制限に拡大した。

5月には非常事態宣言中のデータ保護と情報アクセスを制限し、個人情報保護を定めたEUの「一般データ保護規則(GDPR)」に反する政令も出していた(批判を受け、6月に制限解除)。

5月に接触確認アプリをリリース、10月末からは入国の際に隔離アプリのインストールが義務付けられたが、個人情報の扱いに対する懸念は今も拭えない。

ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG、前期利益は世界2位 孫会長「満足し

ビジネス

欧州委、ユーロ圏成長率予想を上方修正 21年は4.

ビジネス

トヨタ、電動車シフトを強化 30年に800万台の販

ワールド

高齢者接種、7月末までに終了との自治体は約85%=

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 2

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 3

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 6

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 10

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月