最新記事

映画館

希望が見えつつあるロサンゼルスで、名所だった映画館が閉館決定 惜しむ声飛び交う

2021年4月15日(木)16時00分
猿渡由紀
アークライト・シネマズ

閉館が決定した「アークライト・シネマズ」 Kirkikis -iStock

<ロサンゼルスの名所の映画館が閉館を決定、ロックダウンを乗り越え希望が見えつつあっただけに、衝撃が広がっている...... >

映画の都L.A.で最も愛される映画館が消える。現地時間今週月曜日に発表されたニュースに、L.A.の人々が大きな衝撃を受けている。

タランティーノ作品にも登場したL.A.の名所

ロックダウン後に営業再開をせず、このまま閉鎖すると発表したのは、「パシフィック・シアターズ」と系列の「アークライト・シネマズ」。アークライトはハイクオリティな映画体験をうたい、2002年にハリウッドのサンセット・ブルバードにオープンした映画館で、その後サンタモニカ、パサデナ、シャーマンオークスなどにもオープンした。席の配置は一番前の席でもスクリーンが見やすいように考慮されており、上映前の予告編は3本まで。

今では当たり前となった完全指定席制を始めたのも、この映画館である。技師やスタッフも優秀で、「自分の作品はここで見てもらいたい」と願う映画監督も多く、マスコミ試写もよく組まれてきた。また、ハリウッドのアークライトには、ドーム型映画館シネラマドームが含まれる。タランティーノの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」にも登場したここは、L.A.の名所のひとつだ。

ようやくL.A.に希望が漲りつつあったのに......

一方でパシフィックは、ザ・グローブやジ・アメリカーナといった人気のショッピングセンターの中にあり、周辺のレストランやショップにとっても客寄せに大事な存在だった。

IMG_0852.jpeg

ザ・グローブ内の「パシフィック・シアターズ」写真:猿渡由紀

昨年3月、ロックダウンで映画館が閉鎖されて以来、コロナのせいで映画館がいくつか潰れるであろうことは、予測されてきたこと。それでも、なぜ多くの人がここまで驚いたのかというと、このタイミングだったからだ。ロックダウンの暗澹とした最中だったら、まだ理解できただろう。この1年の間には、長年愛されてきた多くのレストランが閉店を決断している。全米最大のシネコンチェーンAMCも、去年は何度となく「感謝祭までしか持たない」「おそらく年を越せない」などと言ってきた。しかし、今、L.A.は、そこを乗り越え、街には、希望が漲っているのである。

州知事もカリフォルニアに「日常」が戻ると宣言したばかり

ワクチン接種が順調に進み(現地時間4月14日現在、カリフォルニアでは39.3%が最低1回を接種済み)、陽性率が全米の州で最下位(今月に入ってからは毎日1%台)になったのを受けて、先週、ギャヴィン・ニューサム州知事は、6月15日にはカリフォルニアに「日常」が戻ると宣言した。

去年は無観客だったメジャーリーグも、今月から、人数を制限しつつ客を入れている。1年も閉鎖されていた映画館も、3月15日から経営再開許可が出て、AMC は早速その日にオープンした。そして、その2週間後に公開された、コロナ後初のメジャー大作となる「ゴジラVSコング」は、HBO Maxで同時配信だったにもかかわらず、業界の予測を上回る興業収入を上げてみせたのだ。映画館が開けば、観客は戻ってくるということが証明されたばかりなのである。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

FRBは迅速な政策引き締めを=セントルイス連銀総裁

ビジネス

FRB、インフレリスクを一段と注視すべき=IMF

ビジネス

米雇用統計、11月21万人増で予想下回る 失業率は

ビジネス

全日空とJAL、日本到着便の予約再開 4日午前零時

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 7

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 10

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月