最新記事

テクノロジー

「お役所仕事」を許す時代はもう終わり 行政のデジタル化は世界でこんなに進んでいる

EMPOWERED ID

2021年4月30日(金)12時22分
マリ・パンゲストゥ(世界銀行専務理事)
デジタルID(イメージ)

vektorjunkie-iStock

<コロナ下で支援を必要とする市民サービスの向上には、包摂と信頼を備えたデジタル化のシステム設計が不可欠>

新型コロナウイルスの感染拡大によって、弱者にさまざまな支援を提供すべき政府の能力が試されている。

世界各国が、コロナ禍に対応する社会的な保護措置を計画・実施しているが、多くの国では、既存の福祉・社会保障関連制度がカバーしていない労働者の特定に手こずっている。ソーシャルディスタンスの確保や自主隔離が求められる今、問題への対応は一層厄介だ。

それでも一部の国では、「デジタルID」システムをうまく活用して問題解決に取り組んでいる。このシステムを使えば、当局がネット経由で対象を確実に特定し、貧困層や移民労働者などの弱者に緊急の援助資金を迅速に支給することができる。

例えばチリではデジタルIDシステムによって、新たに社会福祉プログラムの対象となる多くの人たちの事前登録が可能になった。登録者は自分が受けられる支援をオンラインで確認し、必要に応じて申請できる。

タイでは、コロナ禍で苦しむ労働者向けの給付金を2800万人以上が申請した。政府はデジタルIDを使うことで、他の制度から援助を得られる人を除外することができた。

インドでは、個人口座をデジタルIDにリンクするなどの施策を講じた。この結果、全ての人に金融サービスの利用を可能にする「金融包摂プログラム」を通じ、2億人超の女性に援助金を迅速に給付できた。

だがデジタルIDシステムは、単独では弱者救済の特効薬にはならない。システムを生かすには、デジタルなインフラに多額の費用をかけずにアクセスできる環境が要る。

デジタルIDは、他の重要なアプリやシステム構築の基盤となる。リモートの取引が可能になるから「デジタル決済」も利用できるようになり、個人情報を保護する「データガバナンス」の改善も期待できる。

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月