最新記事

ワクチン

アストラゼネカ社ワクチン推奨年齢枠を「65歳以下」から「55歳以上」と大きく方針転換:フランス

2021年3月31日(水)16時21分
冠ゆき

フランスのワクチン接種年齢の大きな方針転換...... REUTERS/Kai Pfaffenbach

<3月19日、フランスでは15日から中断していたアストラゼネカ社のワクチン接種を再開したが、これまで65歳以下とされてきた接種対象年齢を、55歳以上と大きく方針を転換した...... >

アストラゼネカ社ワクチンの一時中断と再開

3月11日のデンマークを皮切りに、欧州では少なくとも12か国がアストラゼネカ社のワクチン接種を一時的に中断した。ノルウェーなどで血栓の副反応が疑われる例が出たことが理由だ。これと並行して、オーストリア、エストニア、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルクでは、副反応が疑われる同社ワクチンのロットABV5300についてのみ接種を一時的に中断。また、欧州以外では、タイ、インドネシア、コンゴが同社ワクチンの接種開始を遅らせた(フランスアンフォ、3/11初出)。

そのため欧州医薬品庁(EMA)が調査に乗り出したが、3月18日アストラゼネカ社のワクチンは「安全かつ効果的」という見解を発表した(ユーロニュース, 3/18)。また、当初より接種中断に憂慮を示していたWHOもEMAの見解を肯定。

これを受け、3月19日にはドイツ、フランス、イタリア、ブルガリア、スロベニア、22日にはスペイン、ポルトガル、オランダが同ワクチンの接種を再開している。接種の一時中断で広がった国民の不安を払拭する狙いもあり、フランスでは19日にカステックス首相が同ワクチンを接種し、ドイツのメルケル首相やイタリアのドラギ首相も近々接種するつもりだと発表している(ル・モンド紙, 3/19) 。

国による対応の違い

ただし、ノルウェーとスウェーデン、デンマークはなおも慎重な姿勢を崩しておらず、接種再開は、血栓問題についてより詳しい調査を経てからとした。またこれまで接種を中断していなかったフィンランドは、同社ワクチン接種を少なくとも29日まで中断すると決めている。

反面、当初より同社ワクチンを積極的に接種しているイギリスは、EUの慎重さをいささか冷ややかな目で見ているようだ。BBCは、ヨーロッパ全土で接種した1700万人のうち、報告された血栓などの問題が37件であることを挙げ、これは、ワクチンを受けてない場合の血栓問題発生率より低いと指摘している。

年齢制限を真逆に変えたフランス

上述の通り、EMSの見解を受けフランスでは3月19日から同社ワクチン接種を再開したが、接種対象の年齢層を設定方針を大きく変更した。

これまでは、高齢者の治験データが十分でないことを理由に、フランスではアストラゼネカ社のワクチンは65歳以下にのみ接種されていた。ところが3月19日付でフランス高等保険機構(HAS)は「55歳以上に接種」と大きく方向転換したのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米経済、物価高と労働力不足でも「控えめから緩やかに

ワールド

国連事務総長、オミクロン対策の渡航制限「容認できず

ビジネス

米国株式市場=続落、オミクロン株やインフレ巡る懸念

ワールド

新型コロナ影響克服でインフレ圧力軽減へ=米大統領

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月