最新記事

米中関係

トランプが大統領選の結果にごねれば、笑うのは中国だ

TRUMP’S ELECTION GIFT TO CHINA?

2020年11月2日(月)18時15分
ミンシン・ペイ(本誌コラムニスト、クレアモント・マッケンナ大学教授)

THOMAS PETER-REUTERS

<トランプは中国に素晴らしい贈り物をしてきた。米大統領選が激しい政争と終わりのない訴訟合戦につながれば、中国へのさらなる贈り物となるだろう>

ドナルド・トランプは少なくとも中国にだけは、素晴らしい贈り物をしてきた。

コロナ禍に対する彼のぶざまな政策のおかげで、中国の初期対応が模範的にさえ見えた。トランプの「アメリカ第一」主義の外交政策は同盟諸国をアメリカから遠ざけ、反中国の広範な同盟を築きにくくした。

もちろんトランプは、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席に手痛い打撃をもたらした。米中貿易戦争で両国の商業的関係は傷つき、トランプによる台湾への支持は中国政府首脳を怒らせた。

それでもトランプは、今回の大統領選で習に対してさらに大きな贈り物を与えたように思える。それはアメリカの選挙制度を揺るがせたことだ。

大統領選が近づくなかで、トランプは選挙結果をそのまま受け入れない可能性を繰り返し明言してきた。郵便投票の正当性を傷つけようとも試みた。エイミー・コニー・バレットを判事に加えたことで保守色が強まった最高裁を利用すれば、選挙結果に介入して再選を実現できるとも示唆した。

投票日直前の世論調査では、民主党候補のバイデン前副大統領が明らかに優勢だった。だが仮にトランプが一般投票では敗れても、実際の勝敗を決める選挙人の数に関しては激戦州の結果が当日のうちに明らかにならない可能性も取り沙汰された。

選挙後には悪夢のようなシナリオがいくつも考えられる。どれもアメリカの民主主義を傷つけ、中国共産党を喜ばせるものだ。

大統領選が激しい政争と終わりのない訴訟合戦につながれば、中国に格好のプロパガンダの材料を与える。中国指導層はアメリカの選挙後の混乱を、国家の末期的症状を示すものだと言い立てるだろう。

トランプが有権者の審判を突っぱねれば、中国のような独裁国家で暮らす人々にとって民主主義の魅力は地に落ちる。武装した極右集団が投票日に有権者を威嚇して死者が出るような事態になれば、中国国営メディアはその終末的光景を喜々として伝えるはずだ。

仮にトランプが複雑な選挙制度や連邦最高裁の判断を使って勝利しても、中国はさらに恩恵にあずかれそうだ。2期目のトランプ政権は中国への締め付けを強めるだろうが、それでも中国にうまみはある。

まず、トランプが当選しても一般投票で負けていれば、米有権者の約半数は彼を正統な大統領と認めない。さらに彼の勝利にアフリカ系有権者などをターゲットにした投票抑制策や、共和党が支配する政府機関による激戦州での工作が関わっていたと分かれば、政治的な内戦状態に陥りかねない。

【話題の記事】
「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い
黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国の佳兆業、一部債権者と協議開始 デフォルト回避

ビジネス

再送-来年度予算編成方針、めりはりの利いた予算に=

ビジネス

独サービスPMI、11月は52.7に小幅上昇 変異

ビジネス

ユーロ圏総合PMI、11月は速報値から低下 コロナ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 7

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 10

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月