最新記事

研究

丸山眞男研究の新たな動向

2020年9月9日(水)17時10分
苅部 直(東京大学法学部教授)※アステイオン92より転載

Nutthaseth Vanchaichana-iStock.

<資料のコピーや構想メモから校正刷りまで、物を捨てない性格だった丸山眞男。そのことが丸山眞男研究をこれからも発展させ続ける可能性を持つ>

『リベラリストの肖像』(二〇〇六年)を刊行し、サントリー学芸賞を頂いてから、早くも十四年がたった。この旧著は、原則としてすでに公刊されている丸山の著作・講義録と対談・座談会、そして自筆の手稿や書簡を翻刻した本を資料に用いてまとめたものである。

しかし、書いていたときにはそれだけを参考にしたわけではない。丸山眞男の旧蔵書と、自宅に遺された草稿・ノート・メモの類は、すべて東京女子大学に寄贈され、丸山眞男記念比較思想研究センターの丸山眞男文庫が整理・保存にあたっている。現在ではその多くが公開され、ウェブサイトから簡単に閲覧できるものも少なくない。その整理を手伝うのと並行しながら執筆していたので、未公開の資料を引用することは避けたものの、そのとき見た資料から多くの手がかりを得ながらまとめた本ではあった。

したがって、丸山眞男文庫の資料公開が進んだ暁には、未刊行資料をふんだんに使いながら、新しい目で眺めた評伝が書き直されるべきだ。そう思いながら執筆を進めた本である。

それから十四年のあいだ、一方ではあいかわらず、丸山の公刊著作の一部を読んだだけで、その「敗北」や「憂鬱」を雄弁に語ってしまうような本も世に出ている。しかし他方で、ウェブ上で閲覧できる資料データベースの公開が進み、年報である『丸山眞男記念比較思想研究センター報告』(これもウェブ閲覧可能)には、毎号、未発表の講義草稿や書簡の翻刻が載っている。また書籍としても、『丸山眞男講義録』(東京大学出版会)の別冊が二巻刊行されて、一九五〇年代の講義原稿を簡単に読めるようになった。著作集である『丸山眞男集』についても、年譜を収めた『別巻』の新訂増補版が出て、活字になっていない資料の翻刻から成る『丸山眞男集 別集』全五巻の刊行も進んでいる。

このように、丸山眞男の思想と生涯を検討するにあたって、その基本材料となる資料の量が、この十四年間で大幅に増えている。そのわりには、新しい公開資料・公刊資料を用いた研究書がこれまでほとんどなかったが、二〇一九年にはそうした新たな知見を盛り込んだ重要な研究書が二点、刊行された。西村稔『丸山眞男の教養思想ーー学問と政治のはざまで』(名古屋大学出版会)と、清水靖久『丸山真男と戦後民主主義』(北海道大学出版会)である。

【関連記事】高校新科目「歴史総合」をめぐって

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

抗体カクテル療法の効果低下の恐れ、オミクロン株=米

ワールド

オミクロン特化ワクチン、3─4カ月以内に承認も=欧

ワールド

ワクチン追加接種、オミクロンへの予防効果高まる可能

ビジネス

オミクロン、消費者心理に打撃 経済回復鈍化も=英中

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月