最新記事

ドイツ

「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹底の秘策とは? 

2020年7月6日(月)15時40分
モーゲンスタン陽子

ベルリン公共交通のユニークなキャンペーンは効果があるか?...... BVG-YouTube

<暑い夏の地下鉄内で、皆がひどい体臭を漂わせれば、人々がマスクで鼻も覆うようになるだろうと、ベルリン公共交通は「デオドラントの使用をやめよう!」と呼びかけるキャンペーンを始めた......>

ドイツの多くの公共スペースでは、今でもマスク着用が義務付けられている。ほとんどの市民が着用義務を守ってはいるようだが、正しく着けているかというと、必ずしもそうではない。最も多いのが、口だけ隠して鼻を覆わないパターンだ。

かねてからユーモアや風刺の効いた広告で知られるベルリン公共交通(BVG)は、暑い夏の地下鉄内で、皆がひどい体臭を漂わせれば、人々がマスクで鼻も覆うようになるだろうということで、「デオドラント(防臭剤)の使用をやめよう!」と呼びかけるキャンペーンを始めた。

悪臭が充満すればみんな鼻を覆う?

ベルリンの地下鉄を運営するBVGは1日、公式ツイッターで、「君たちは他の選択肢を与えてくれなかった(君たちのせいだよ)」という文章とともに、脇の下の臭う人物と「デオドラントの使用をやめよう!」という呼びかけの書かれた黄色いポスターを投稿した。コメント欄には賛否両論あるようだが、たった数日で多くのいいねも付いている。

ただ、ベルリンっ子たちはBVGのこのようなキャンペーンには慣れっこのようだ。BVGはこれまでにも、半分ふざけているようなキャッチフレーズを次々と生み出してきた。昨年にはまた、「すばらしく古くてのろい」ベルリン地下鉄をユネスコ世界遺産に登録してもらおうと、本当に申請したようなので驚きだ。

BVG - Nächster Halt: Weltkulturerbe


ただ、今回の「デオドラント使用中止キャンペーン」がどれだけ功を奏するかは疑問だ。ドイツの地下鉄はもともと臭い。体臭がエチケット違反の北米に比べて、デオドラントを使わない自然派の人も多い。あるいは使っても、アルミニウムなど人体に害のある成分を多く含んだ強力なデオドラントではなく、よりナチュラルな物を使用しているようだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、性能に支障ない「傷アリ」部品採用 仕入先の

ワールド

ユーロ新紙幣、3年後に導入へ 包摂性を重視=ECB

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

ビジネス

東芝、会計処理問題で法人株主と和解 19.2億円支

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月