最新記事

感染症

ニューヨーク感染者急増 ホームレス・シェルターの感染封じ込めは困難

2020年3月26日(木)17時00分
安部かすみ

タイムズスクエアも人通りがなくなったが...... Carlo Allegri-REUTERS

<新型コロナウイルスがニューヨークに蔓延する中、今問題の1つになっているのは、このホームレス問題だ......>

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染数急増が懸念されるアメリカ。感染者数は5万8998人で、中国、イタリアに次ぐ多さだ(死者795人)。

国内でもっとも感染者数が多いのがニューヨーク州だ。人口約1950万人のニューヨーク州では、感染者数が3万811人、死者285人。そしてその中でも人口約860万人のニューヨーク市がもっとも感染者最多で1万7856人となっている。

ホームレスにも広がるウイルス感染

なかでも、ニューヨークのホームレスの人々への新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている。ニューヨーク市では子どもを含む7万以上がホームレス人口と言われている。これは全人口の125人に1人の計算だ。市内には450箇所のホームレスシェルターがあると言われており、そこで約5万8000人が寝食を共にしている。またすべてのホームレスの人々がそれらの施設を利用しているわけでもなく、約4000人前後の人々は路上生活者(駅や地下鉄、公共スペースなど)と言われている。

新型コロナウイルスがニューヨークに蔓延する中、今問題の1つになっているのは、このホームレス問題だ。

3月19日に初のホームレス感染が確認されていたが、24日になって市内22のホームレスシェルターにおいて感染者数が30人に激増したと、地元の複数のメディアが報じた。

記事によると最初の感染者は病院に搬送され、シェルター内のルームメイト8人がシェルター内の別の場所に14日間の予定で隔離されているという。

現在確認されている陽性判定の30人のうち8人は病院での治療が必要とされており、10人は別のシェルター施設内で隔離状態、7人はそれぞれの施設内で「自己隔離」、5人はシェルターを去ったとされている。

州ホームレスサービス局(DHS)は今後拡大するであろうホームレスの感染者のために、ホームレスシェルター内に500人分の隔離スペースを用意している段階だという。だが、きれいに整えられているとは決して言えない衛生環境下にあるシェルターは、今後新型コロナウイルスの「繁殖地」になるのではないかと懸念も多い。また、シェルターで働く人々への感染拡大も心配されている。

「シェルター内でのウイルスの封じ込めは困難な状態にある」

ウイルスの封じ込めとして、ニューヨーク州では3月22日夜から市民に外出制限(ロックダウン)を発令した。それでも市内ではここ数日、毎日2000~4000人ずつ感染者が増加している。州内での一般的な封じ込めにも手を焼いている状況において、ビル・デ・ブラシオ市長は記者会見で「事実上、シェルター内でのウイルスの封じ込めは大変困難な状態にある」と述べている。

ホームレスの感染者が増えていくと、シェルター内での自己隔離が難しいため、州内の大型展示会場や大学キャンパスを利用して進められている臨時の病院施設に搬送されていくことになるのかもしれない。医療従事者や、マスク、防護ガウン、ICUの人工呼吸器なども足りない中、州や市が、今後増え続けるであろうホームレスの感染問題にどう立ち向かっていくのか注目される。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

グラクソのコロナ治療薬、オミクロン株の全ての変異に

ビジネス

トヨタ、性能に支障ない「傷アリ」部品採用 仕入先の

ワールド

ユーロ新紙幣、3年後に導入へ 包摂性を重視=ECB

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月