最新記事

ツイッター

Twitterのジャック・ドーシーCEOのアカウントが乗っ取られ、トランプも狙われていた

2019年9月3日(火)17時30分
佐藤由紀子

ジャック・ドーシーCEOのTwitterアカウントが乗っ取られた...... Jim Bourg-REUTERS

<Twitterの共同創業者、ジャック・ドーシーCEOのTwitterアカウントが乗っ取られ、約20分にわたって人種差別的なツイートなどを多数投稿された......>

Twitterの共同創業者、ジャック・ドーシーCEOの公式Twitterアカウントが米太平洋時間の8月30日の午後、約20分にわたって人種差別的なツイートなどを多数投稿した。

Twitter公式アカウントが問題発生直後に「問題は認識している」とツイートし、一連のツイートを削除した後の午後2時22分、「アカウントは保護された。Twitterのシステムが侵入された形跡はない」と説明。

さらにその後、「通信キャリアのセキュリティ上の過失で(ドーシー氏の)アカウントに紐付けられた携帯番号が乗っ取られた。権限のない人物が、乗っ取った携帯番号からSMSとしてツイートを投稿した。この問題は解決した」と発表した。

恐らく「SIMスワップ」で乗っ取られた......

Twitterは今のところ、これ以上詳しい説明はしていないが、「通信キャリアのセキュリティ上の過失」は恐らく「SIMスワップ」を指すと推測できる。SIMスワップは、スマートフォンが盗難や紛失で使えなくなった場合、通信キャリアに同じ携帯番号の新しいSIMカードを発行してもらうサービスを悪用し、第三者が他人の携帯番号を乗っ取る方法だ。

通常SIMカードの更新には個人IDなどの個人情報が必要だが、乗っ取り犯は何らかの方法でそうした情報も入手したか、またはキャリアの担当者周辺からなんらかの手段で漏れた可能性もある。

また、「SMSとしてツイートを投稿」というのは、Twitterが2010年に買収したCloudhopperの技術をドーシー氏が使っていたということだろう。乗っ取られたアカウントからのツイートにも「Cloudhoopperから投稿」と表示されていた。

ドーシー氏の場合はCloudhopperをTwitterと連携させていたため、乗っ取り犯はドーシー氏のTwitterアカウントを乗っ取る労を執らずにツイートできた。

ドーシー氏はこれまでほとんどCoudhopperからツイートしたことがなかった(確認できるのはこのツイートくらいだ)。ドーシー氏がもし、使わないアプリとの連携をTwitterの[設定]→[アプリとセッション]でアクセス権を取り消していれば、こんな失態はしなかっただろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月