最新記事

事件

MITメディアラボの伊藤穣一所長辞任、そしてビル・ゲイツにも飛び火? 

2019年9月9日(月)18時30分
坂和敏

Photograph of Joichi Ito by Mizuka. Wikicomons

<獄中で自殺した米富豪のジェフリー・エプスタイン氏からの資金提供を受けたことで批判されていた伊藤穣一氏が、メディアラボ所長を辞任した......>

性的虐待疑惑で逮捕され、先月獄中で自殺した米富豪のジェフリー・エプスタイン氏からの資金提供を受けたことで批判を受けていたMITメディアラボ所長の伊藤穣一氏が、9月7日、メディアラボ所長を辞任した

ネグロポンテ氏「もらえる金はもらえ」

その前日6日夜、エプスタイン氏との繋がりの深さや、メディアラボ上層部による寄付を匿名化しようとした隠蔽工作の証拠を示した内容の記事がNew Yorkerで公開され、これを受けて、翌7日に伊藤氏は辞任を決めたようだ。伊藤氏は今回、メディアラボ所長の辞職に加えて他の要職──マッカーサー財団、ナイト財団、それにNew York Timesのボードメンバー(社外取締役)も辞任した。また、先日お伝えした伊藤氏を支援するサイト「In Support of Joi Ito」も閉鎖されている。

この動向についてはMIT Technology Reviewだけでなく、BloombergCNETでも報じられており、この騒動に対して徐々に注目が集まっている。

前述のNew Yorkerの記事では、伊藤氏ともう一人のメディアラボ幹部ピーター・コーエン氏は、MITの大学当局には内緒でエプスタインから金を受け取っていたとある。「MITのデータベースでエプスタインは不適格者とされているのを知りながら」「小口に分けて、匿名で処理すれば大学側には知られずに済む」などともあり、さらに伊藤氏とエプスタイン氏が相談しながら資金集めのプロジェクトを進めていたともある。

また、この少し前には、メディアラボ初代所長のニコラス・ネグロポンテ氏が、「エプスタインのような怪しい輩からでも、もらえる金はもらえ("Take it")」と伊藤氏に助言したとされている。

ビル・ゲイツも関わっていた?

ちなみに、今回のNew Yorker記事を書いたのは、一昨年世界的に大きな注目を集めたハーベイ・ワインスタインのセクハラスキャンダルを報じ、それでピュリッツァー賞をとった新進気鋭ジャーナリストのロナン・ファロー氏(ミア・ファローとウディ・アレンの息子)だ。

そして、この記事で新たに関与の可能性が浮上したのがビル・ゲイツ氏で、同記事では「エプスタインの斡旋で、ゲイツ氏の基金からMITメディアラボに200万ドルが流れた」としている。

ただし、ゲイツ側の広報担当者からはさっそくこれを否定するコメントが出された。もし本当であれば、ゲイツ氏も不注意を咎められることになりそうで、いずれにしてもエプスタインをめぐる騒動は今後もしばらく続きそうな気配だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米雇用統計、11月21万人増で予想下回る 失業率は

ビジネス

米ISM非製造業指数、11月は69.1と予想外に上

ビジネス

米製造業新規受注、10月は1.0%増 予想上回る

ビジネス

米、為替操作国認定なし スイスを日中韓などとともに

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 7

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 10

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月