最新記事

欧州

ブレグジットを先延ばしにする、イギリスのわがまま三昧

2019年6月4日(火)14時00分
広岡裕児(在仏ジャーナリスト)

揉めに揉めた挙句、欲の皮が突っ張って何も決められない英議会(写真は今年1月) Mark Duffy/REUTERS

<本来なら、3月29日の離脱期限に間に合わなかった時点で「合意なき離脱」をするのがルールだった。それができないのは、これまでEUに「タダ乗り」してきた既得権を手放したくないからだ>

欧州議会選挙が終わった。各国の極右がさらに台頭し、連携して危ないのではないか、という声もあった。しかし、開票1週間前にミラノで派手な集会を開いたイタリアの「同盟」やフランスの「国民連合」(旧国民戦線)、ドイツの「ドイツのための選択肢(AfD)」など12の政党の欧州議会院内会派「国家と自由の欧州(ENF)」は、漸増の58議席にとどまった。

いわゆる欧州懐疑派の極右右派政党はこれだけではなく、他に会派が2つある。3会派の合計では751議席中175議席取ったので、彼らが結束すればEUの脅威だ、という見方もある。だがこれらの政党は個人色が強く近親憎悪的な関係にある。難民受け入れに反対という点では一致しているが、中東欧と西欧では域内移民の扱いや欧州の支援策で利害が対立しており、ここでも結束できるとは考えにくい。

今回の選挙ではイギリスの「ブレグジット党」を除く欧州懐疑派の極右政党はすべて、EU離脱の旗印を降ろしていた。欧州という共同体は残したまま、内部からの改革を求めるよう路線変更したのだ。エリートや富裕層・金融市場が支配する欧州に対しては、欧州市民のための「別の欧州」を作るべきだ、という主張は古くからあった。もともと左派中心の思想だったのが、今や極右のものになった。

ブレグジットを見て欧州極右も残留派に

彼らがEU離脱・ユーロ離脱を引っ込めた大きな理由は、イギリスのブレグジット騒動である。EUを離脱するということがどれだけ大変かをまざまざと見せつけられた。それに、大陸の人々はイギリス人よりも欧州共同体に対する愛着が深い。

さて、そのブレグジットだが、欧州議会選挙投票直前にメイ首相が涙ながらに辞任を発表したが、もともと、国民投票でEU離脱が決まったときから、選択肢は3つしかなかった。ノルウェーのようにEU非加盟だが単一市場には参加する形にするか、スイスのように個別の産業分野ごとに条約を結ぶか、中国やアメリカなどEU域外の国々と同じ条件になる、いわゆる「合意なき離脱」か、である。

イギリスが望んだのはノルウェー式だが、これだと負担金はこれまでと同様拠出するがEUの政治決定には参加できない。イギリスは、お金は払いたくないし、主権は回復したかった。EU側は交渉に応じ、特別に離脱協定に合意をしたのだが、英議会が否決した。本当は否決した時点でスイス式に移行して、分野ごとの個別協議に入るのが筋だった。だが一向に始めようとしない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月