最新記事

性的暴行疑惑

「ハウス・オブ・カード」の米俳優ケビン・スペイシー、7日に出廷へ──セクハラ、性的暴行疑惑とアーティストの関係とは

2019年1月7日(月)18時00分
小林恭子(在英ジャーナリスト)

ケビン・スペイシー演じるフランク・アンダーウッドの巨大な絵を掲げた「ハウス・オブ・カード」のセールスイベント(2016年2月、米サウスカロライナ)

数々の映画やネット・ドラマで、名優として高い評価を受けてきた米俳優ケビン・スペイシー。2017年秋、何件ものセクハラ・性的暴行疑惑が明るみに出て、そのキャリアは一気に停止状態となった。

スペイシーは米ネットフリックスの人気ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で主役を演じていたが、複数の疑惑が持ち上がったことでネットフリックス側は撮影を中止。すでに撮影を終えて公開の一歩手前だった映画「ゲティ家の身代金」では代役を見つけ、スペイシーの出演部分は撮り直しとなった。

疑惑発覚後、公の場には姿を現していないスペイシーは、昨年12月24日、「ハウス・オブ・カーズ」で演じた「フランク・アンダーウッド」として心情を吐露する動画を公開した。フランクは権謀術数を駆使して大統領にのし上がる冷酷な男という役柄だ。
▽動画「Let Me Be Frank」(「正直に話させてくれ」と「フランクにならせてくれ」の二重の意味がある)

サンタクロースの絵柄が入ったエプロンを身に着けたスペイシーは、キッチンで洗い物をしながら次第に凄みを増す目つきと声音でこう語りかける。「自分がやっていないことに対して、犠牲を払うつもりは全くない」、「証拠もないのに、最悪の行為を信じたりしないだろうね?」、「事実を確かめずに結論に飛びついたりするなよ」。

「フランク」という役柄を通じて自己弁護をしたかのようなスペイシーだが、自分の心情を伝えるためにドラマの登場人物の姿を借り、いかにもの作り声で語るスペイシーの姿には気味悪いものがあった。彼にとって、「素」を出すことはそれほどつらいことなのか。

ネット上では、「いつまでも支援する」という好意的なメッセージとともに、「気味悪い」「やめたほうがいい」という声もたくさん寄せられた。

動画が公開された日、米マサチューセッツ州の検察当局は、10代の少年に対する強制わいせつ・性的暴行容疑でスペイシーを訴追したと発表した。

今月7日、スペイシーは同州ナンタケットの裁判所に罪状認否のために出廷する。スペイシー側は本人が直接出廷することを回避するための書簡を送っていたが、裁判官はこの願いを拒否した。

疑惑の概要

本人の出廷にまで及んだ事件は、2016年に発生したとされる。

スペイシーは、テレビのニュース番組の司会者だったヘザー・アンルー氏の当時18歳の息子に、ナンタケットにあるバーでアルコール飲料を飲ませたという。マサチューセッツ州で飲酒が許されるのは21歳からだ。その後、酔わせた息子のズボンに手を入れ、股間をまさぐったという。2017年11月、記者会見を開いた母は、涙を浮かべながら一部始終を説明し、警察に被害届を出したと語った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米でオミクロン感染初確認、軽い症状 南アから帰国・

ビジネス

米供給網の混乱、オミクロン株で長期化の恐れ=NY連

ビジネス

米経済、物価高と労働力不足でも「控えめから緩やかに

ビジネス

米国救済計画、インフレ高進への寄与「小さい」=財務

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月