最新記事

日本の宇宙開発

日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型車両が公開された

2018年12月10日(月)19時30分
鳥嶋真也

報道公開された「H3ロケット用新型ML運搬台車」。H3ロケットを大型ロケット組立棟から射座へ運ぶために使う(筆者撮影)

三菱重工と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本車輌製造は2018年12月5日、日本車輌製造の衣浦製作所(愛知県半田市)において、次期大型基幹ロケット「H3」を運ぶための運搬台車を報道公開した。

「ドーリー」という愛称でも呼ばれるこの台車は、ロケットを発射台ごと持ち上げ、ロケットを組み立てる建物から発射場所まで運ぶ"縁の下の力持ち"。台車はこのあと種子島宇宙センターへ送り、試験などを行ったのち、2020年度に予定しているH3の初打ち上げから運用を行う。

H3ロケット用新型ML運搬台車とは

「H3ロケット用新型ML運搬台車」と呼ばれるこの台車は、H3ロケットを載せた移動発射台(ML)を、種子島宇宙センターの大型ロケット組立棟(VAB、ロケットを組み立てる建物)から、射座(発射場所)まで運ぶ役割をもつ。

ロケットの発射台というと、地面にしっかり固定されたものというイメージがあるかもしれない。実際、他国ではそうした仕組みのもあるが、日本の主力大型ロケットであるH-IIA、H-IIB、そして開発中の次世代ロケットH3では、発射する場所が複数あることや、敷地の制約などの都合もあり、移動式の発射台を採用している。

また移動式の場合でも、他国では鉄道で運ぶものが多いが、日本では専用の台車を使って運ぶ方式が採られている。

現在運用中のH-IIAロケット、H-IIBロケットで使われている台車は、製造から20年が経過することなどから、H3ロケットの開発に合わせ、台車も新規開発を決定。JAXAの要求に基づき、三菱重工が詳細仕様を決め、日本車輌製造が設計や開発、製造を行った。

1台あたりの全長は約25m、高さ・幅は約3m。台車は2台が1組となって並走してH3ロケットを運び、積載能力は1460トンにもなる。最高速度は約2km/hで、VABから射座までの約500mの距離を、約30分かけて運ぶ。

space1210b.jpg

H3が打ち上げられる種子島宇宙センターの大型ロケット発射場。台車はH3ロケットが載った発射台を、左の大きな建物(VAB)から、中央やや右にある鉄塔の部分(第2射点)まで運ぶ(筆者撮影)

タイヤの数は合計56本にもなり、まるでムカデのような姿かたちをしている。タイヤは2台1組で、それぞれにステアリング機構があり、車体の前後でハの字にして旋回したり、さらにすべて同じ向きにして斜めに走行したり、カニのように横移動したりと、自由自在に走行することができる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

自民に首相直轄の財政健全化推進本部、年明けにPB目

ワールド

米大統領、高額薬価巡り製薬会社批判 抑制策の早期可

ワールド

スーチー氏への禁錮刑、好ましくない動きで懸念=松野

ワールド

米欧5首脳、ウクライナ情勢協議 ロシアの脅威に連携

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月