最新記事

王室

ベルギー王室、ダブル不倫と隠し子認知問題に揺れる

2018年11月9日(金)18時00分
広岡裕児(在仏ジャーナリスト)

ベルギー王室の面々(左から)パオラ妃、アルベール国王、フィリップ皇太子、マチルダ皇太子妃(2013年) Kevin Coombs-REUTERS

<先王のアルベール2世が不倫でできた娘を認知せずに逃げ回っていても、ベルギー国民は「大人の対応」>

ベルギーは、フランス語圏(ワロニー)とオランダ語圏(フランドル)の対立のため、現在では、ワロニーとフランドル、それにブリュッセル首都圏の3つの地域政府に分かれた連邦となっている。

フランス語圏とオランダ語圏ではニュースへの関心の持ち方も扱いも違うのだが、11月6日の新聞はめずらしく同じニュースが一面を飾った。

「ジャック・ボエルはデルフィーヌの父ではない」(Le Soir)
「司法は、アルベールⅡに親子鑑定を求める」(La Libre Belgique)
「プリンセス? 遺産?『デルフィーヌは認知を望んでいる』」 (Het Belag van Limburg)

かねてから、先王アルベール2世の子だと主張していた彫刻家デルフィーヌ・ボエル(50)さんの認知問題について、先月25日にブリュッセル控訴裁判所が、アルベール2世に3カ月以内にDNA鑑定を受けることを命令したことが、デルフィーヌさんの弁護士によって明らかにされたのである。

アルベール2世は、フィリップ現国王の父で、2013年7月21日に健康問題を理由に生前退位している。

暴かれた秘密

デルフィーヌの母、シベル・ド・セリス=ロンシャン女男爵(セリス夫人)は、実業家ジャック・ボレル氏と結婚していたが、1968年2月22日に当時皇嗣殿下だったアルベール2世の娘デルフィーヌを生んだ。アルベール2世もパオラ妃と結婚していたのでダブル不倫ということになる。

セリス夫人は、「私は子供ができないと思って油断した。問題があったのは夫の方だったなんて」と2013年9月にフラマンのテレビVierに語っている。

belgium181109-2.jpgアルベール2世に認知訴訟を起こしたデルフィーヌ・ボエル。後ろはアルベール2世の不倫相手だったとされるボエルの母、セリス夫人(2017年2月、ブリュッセル)Francois Lenoir-REUTERS

セリス夫人はボレル氏と離婚、娘とともに、1976年、ロンドンに移住した。「君主制を危険にさらさないためです。国の運命は私よりも重要でした」と彼女は説明している。

アルベール2世はいちおう皇嗣ではあったが、4歳年上の兄のボードワン国王は、アルベール2世の長男フィリップ(現国王)の王位継承を望んでおり、国民もそうなるものだと思っていた。ところが、1993年7月31日ボードワン国王が心不全により42歳の若さで突然亡くなってしまう。ちょうどフランドルの分離独立運動を受けてベルギーを連邦制にするという極めて難しい時期にあたり、23歳のフィリップが新王では荷が重い、ということで、アルベール2世が即位した。

デルフィーヌさんのことを王室はひた隠しにし、わずかにイタリアの雑誌に漏れただけで済んでいた。ところが、1999年に出版されたパオラ妃の伝記に(自伝という報道もあるが、誤り)この「事件」が書かれていた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ユーロ新紙幣、3年後に導入へ 包摂性を重視=ECB

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

ビジネス

東芝、会計処理問題で法人株主と和解 19.2億円支

ワールド

仏大統領選、共和党候補選出ペクレス氏の支持率上昇=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月