最新記事

キャッシャーフリー

「Amazon Go」対抗、キャッシャーフリーのウォルマートの実験店舗はここまでやる

2018年11月2日(金)15時20分
後藤文俊(アメリカ流通コンサルタント)

ウォルマートが発表した新コンセプト店「サムズクラブナウ」

<アメリカでは、スマホアプリで自動決済できるキャッシャーフリー店舗「Amazon Go」が話題だが、世界最大のスーパーマーケットチェーンのウォルマートが、キャッシャーフリー店舗をさらに進化させた新コンセプトの店舗をオープンさせる>

ウォルマートは10月29日、テキサス州ダラス地区に新コンセプトの「サムズクラブ・ナウ(Sam's Club Now)」を11月にオープンすることを発表した。サムズクラブは、ウォルマートが設立した会員制のスーパーマーケットだが、以前から展開していた「スキャン&ゴー(Scan & Go)」などのテクノロジーをさらに進化させた小型会員制倉庫型店舗「サムズクラブ・ナウ」を試験的にオープンする。

サムズクラブで展開してきたキャッシャーフリーシステム

サムズクラブでは2016年10月から全店で「スキャン&ゴー」を展開してきた。このスキャン&ゴーは、スマートフォンにダウンロードしたアプリでお客自身が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステムだ。

使い方はサムズクラブのスキャン&ゴーのアプリをダウンロードし、会員番号を撮影などで入力し、クレジットカード(もしくはデビッドカード)情報も登録しておく。買い物するときは、アプリを開いて購入する商品のバーコードをスキャンしていくだけだ。

スキャンした商品は商品画像と商品名、数量がリストに入る。商品バーコードのスキャニングによる認識はスムーズでスピードも速い。仮にバーコードを読み間違いしてもリストにある商品を左へスライドすれば、赤色の「削除(Remove)」ボタンが現れるので、それをタップするだけで簡単に削除できる。同じ商品を複数購入する場合では、リストに入った商品をタップすると数量を入力できる。

goto1102a.JPG

スキャン&ゴーアプリで商品のバーコードを読み込む

goto1102b.JPG

読み込むと画像付きでカートに入る

goto1102c.JPG

決済はアプリ上で行う。チェックアウトのワンタップのみだ。レジに並ぶ必要はない

goto1102d.JPG

チェックアウト後はQRコードが表示される

goto1102e.JPG

QRコードを出口のチェッカーの端末にスキャンさせて商品を確認してもらう

また買い物途中で消費税込みの合計金額の確認も可能だ。予算内で買い物する場合にも便利になっている。買い物が終われば、アプリ上で「チェックアウト(決済)」を行う。レジを素通りできるため、売り場でも商品を買い物袋に入れることが可能だ。あつあつのロテッサリーチキンから、冷たいアイスクリームもその場で保冷バッグに入れることができるのだ。外へ出る前のレシートチェックでは、出口にいるチェッカー係りにアプリ上にあるQRコードをスキャンしてもらうだけとなる。

チェッカーがもつ端末スクリーンに購入した商品が映し出されるため、チェッカーがカート内の商品を1品毎確認する。なおレシートはeレシートでアプリ上に保管されることになる。eレシートが履歴として残るため、返品も容易だ。スキャン&ゴーは使いやすさから絶賛されており、アップルのApp Store(アップストア)では2.4万人が5ツ星レビューで4.9としており、店アプリではパーフェクトな評価を得ている。

同じくキャッシャーフリーとなる「アマゾンゴー(Amazon Go)」では、入店時にアプリにあるQRコードをゲートでスキャンするだけで、あとは商品を持って出ていくだけだ。アマゾンゴーの課題は店からでた直後に買い物金額を確認できない点だ。ゲートから出てレシートが届くまで5分〜10分間、保留状態となる。金額がわからないのでややすっきりしない状態となる。筆者の知人が買い物したとき保留状態が1時間もあった。また、買い物中も合計金額の確認はできない。アップストアのアマゾンゴー・アプリのレビューでは4.6の評価だ。

(参考記事)レジなしコンビニ「Amazon Go」レポート あまりにスムーズで戸惑う人続出

いよいよ、「サムズクラブ・ナウ」

一方、サムズクラブは商品のバーコードをスキャンする必要があるが、買い物途中でも消費税を含んだ合計金額を確認できて、チェックアウト後の保留状態もない。そしていよいよ、ウォルマートはアマゾンゴーに匹敵するキャッシャーフリーストア「サムズクラブ・ナウ」をオープンする。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、28日に新型極超音速ミサイルの発射実験実施

ワールド

米国防トップが議会証言、アフガン政府軍の崩壊に「驚

ビジネス

英GSK、塩野義と長期作用型HIV治療薬を開発へ

ワールド

英首相、燃料問題でクリスマスに向け供給網整備強調

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ・ホテル業界の慣習が物議

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    アルツハイマー病の原因とみられる「アミロイドβ」の…

  • 6

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 9

    タリバン「公開処刑再開」の一方で、若い戦闘員は青…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ…

  • 10

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月