最新記事

日本の宇宙開発

「こうのとり」7号機、小型回収カプセルの回収に成功、その意義とは...

2018年11月15日(木)17時00分
鳥嶋真也

宇宙から帰還し、海上から回収された「こうのとり」7号機の小型回収カプセル (C) JAXA

<宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機から、小型回収カプセルの回収に成功した。その成果の意義とは...>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年11月11日、国際宇宙ステーション(ISS)に補給物資を送り届けた宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機を大気圏に落下させ、運用を終了した。

「こうのとり」7号機には、初めてとなる小型回収カプセルが搭載されており、大気圏再突入の熱に耐え、太平洋上に着水。無事に回収に成功した。

このカプセルによって、ISSから研究成果・試料を持ち帰ることができるようになり、さらにその技術は、将来の有人宇宙船の開発にもつながると期待されている。

「こうのとり」7号機

「こうのとり」はJAXAが開発した無人の補給機で、ISSに物資を補給することを目的としている。1号機(技術実証機)は2009年に打ち上げられ、それ以来、今回の7号機まですべて成功している。

宇宙を飛ぶISSの運用にとって補給物資はまさに命綱であり、その安定的な運用と維持のため、そして運用を通じた国際貢献という点でも、「こうのとり」のミッションは非常に重要なものとなっている。

今回の「こうのとり」7号機は、9月23日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、27日にISSに到着。滞在する宇宙飛行士によって、物資の搬出作業と、ISSで発生したゴミの搭載作業が行われた。

そして11月7日、「こうのとり」7号機はISSから分離され、地球に落下するコースに乗った。「こうのとり」には大気圏を突破する性能はないため、わざと壊れるように大気圏に落とし、ISSで積んだゴミとともに燃やして処分することになっている。

11月11日6時38分ごろ、「こうのとり」7号機は大気圏に再突入し、機体は処分された。機体の大半は燃え尽き、燃え残った破片があったとしても、すべて海に着水したものとみられる。

space1115002.jpg

国際宇宙ステーションから撮影された「こうのとり」7号機 (C) NASA

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

東芝、会計処理問題で法人株主と和解 19.2億円支

ワールド

仏大統領選、共和党候補選出ペクレス氏の支持率上昇=

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット 中国「対話と協力

ビジネス

ブラックロック連合、サウジアラムコのパイプラインを

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月