最新記事

小惑星探査

「はやぶさ2」、3年半の宇宙航行を終え、小惑星リュウグウに到着

2018年6月29日(金)12時20分
鳥嶋真也

「はやぶさ2」がリュウグウに到着したことが確認された瞬間の管制室の様子。中央で拍手しているのが「はやぶさ2」プロジェクトを率いる津田雄一プロジェクト・マネージャー (C) JAXA

<6月27日9時35分、小惑星探査機「はやぶさ2」が約3年半の宇宙航行を終え、目的地である小惑星「リュウグウ」から約20km離れた場所にたどり着いたことをもって、「到着」が宣言された>

「人類未踏の探査の入り口に立った」――プロジェクトを率いる津田雄一(つだ・ゆういち)氏は、こう力強く宣言した。

2018年6月27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が約3年半の宇宙航行を終え、目的地である小惑星「リュウグウ」に到着した。眼前に広がる、人類が誰も見たことがない未知の世界に、関係者たちは大きな期待と、悩ましげな表情を見せる。

ついにリュウグウに到着

「はやぶさ2」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2014年12月に打ち上げた小惑星探査機で、地球から約3億km(時期によって変わる)離れた小惑星「リュウグウ」を目指して航行を続けてきた。

もちろん、ただ3億kmをまっすぐに飛べばいいというわけではなく、実際には太陽のまわりを回るリュウグウに合わせるように、「はやぶさ2」もまた、太陽を回りながら、その距離を詰めるようにして飛ぶ必要があった。そのため飛行時間は約3年半(1302日)、総飛行距離は約32億kmにも達した。

「はやぶさ2」の先代にあたる「はやぶさ」は、小惑星までの往路においてトラブルが相次いだ。しかしその教訓がいきたこともあり、後継機である「はやぶさ2」は大きなトラブルを出すことなく、順調に小惑星リュウグウに接近。そして6月27日9時35分(日本時間)、リュウグウから約20km離れた場所にたどり着いたことをもって、「到着」が宣言された。

プロジェクトを率いる津田氏は「天にも舞い上がる気持ち。いつもは慎重さを心がけているが、今日ばかりは諸手を挙げて喜びたい」と、気持ちを爆発させた。

いっぽうで「リュウグウは人類が今日初めて到着した天体。誰も見たことがない、なにもわからない初めての世界の探査に今日から取りかかる。何が起こるか、どんな発見があるかわからない。果敢に挑戦し、創造性をもって立ち向かう」と、強い意気込みも語った。

徐々に明らかになるリュウグウの姿と、探査に向けた期待

リュウグウの探査はこれから本格的に始まるが、到着までに送られてきた画像は、すでに研究者たちを興奮させている。

以前お伝えしたように、リュウグウは「そろばんの珠」のような、円錐の底部を上下に合わせたような形をしている。こうした形の小惑星は「コマ型」と呼ばれ、そんなに珍しいわけではない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米当局、オミクロン流入は不可避と認識 南アなど対象

ワールド

南ア、ワクチン接種の義務化検討 規制強化は見送り

ワールド

オミクロン株、世界各地に広がる 各国で対策強化の動

ワールド

オミクロン株、他の変異株より重症引き起こすのかまだ

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月