最新記事

<ワールド・ニュース・アトラス/山田敏弘>

ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

2017年10月20日(金)18時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

では北朝鮮についてはどうか。今、国際情勢で最も懸念していることは何か聞かれたケリーは、北朝鮮とイランの核脅威だと答え、その上でこう語った。

「おそらく最大の懸念は......差し迫った懸念ではないが。北朝鮮の問題が継続されるなら、そして他の国でもすでにいくつかあるが、核保有国になったら、さらに多くの国が刺激されて核兵器開発や核兵器を購入する可能性がある」

記者から、「対北朝鮮との戦争について、どのくらいの確率で戦争は起きそうか。私たちは戦争が起きる心配をするべきか」と問われたケリーはこう答えた。

「アメリカ人は、かなり有効なICBM能力を作り上げ、かなり良い核弾頭の再突入体を開発している国家(北朝鮮)について心配すべきだ。単純に本国に到達する能力を持たせるわけにはいかないと考えている。これは政権の考えでもある。今、グアムに暮らす多くのアメリカ人について大きな懸念がある」

そしてこう語っている。「今、脅威に対しては、対処が可能だ。だが時間が経てば、今よりも状況が進展したら――まあ、外交がうまく機能することを望もう」

記者会見を通して、また北朝鮮について触れた部分を見ても、少なくともあと数カ月で戦争に突入するような緊張感はない。米メディアもその緊張感をケリーの発言や言葉尻りから感じ取ってはいない。

さらに、ケリーは国務省に期待していると言う。「いい知らせは、偉大な国務省が日夜、外交をやっていてくれていることだ」と皮肉っぽく語り、「ジム・マティス(国防長官)も私も、軍で現役の頃から何度も何度も言ってきた。国務省に十分な予算を与えないなら、もっと私たちに弾薬を買ってくれ、と。世界で国務省と、関係するアメリカ人たちが毎日、仕事をしていてくれる。そして地球上で最も偉大な米軍がいる。物事が軍事的になってしまうと考えたくはないが、それも常に選択肢にはある」

そもそも閣僚があちこちで発言しているように、トランプ政権は対北朝鮮で「外交」による対応を基本路線としている。レックス・ティラーソン国務長官も10月15日に「最初の爆弾が落とされるまで外交的に取り組む」と述べたと報じられている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物7年超ぶり高値、イラク・トルコ間の原油輸送

ビジネス

NY外為市場=国債利回り低下でドル軟調、利上げ観測

ビジネス

米国株式市場=続落、ナスダック調整局面入り

ワールド

米政権、半導体業界に対ロシア輸出規制の可能性警告 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場所」で見つかった

  • 3

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 6

    もはやオカルトの域を越えた 米国防総省がUFO調査局…

  • 7

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 8

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 9

    朝ドラの深津絵里がスゴい! 18歳のサッチモちゃん…

  • 10

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月