最新記事

インド

汚職が1日8000人を殺す国

蔓延する役人の公金横領を撲滅するためインド政府はさまざまな取り組みを続けているが、汚職撲滅への道は遠く険しい

2009年10月16日(金)16時44分
ジェーソン・オーバードーフ(ニューデリー支局)

役人天国 シン首相は根深い汚職をなくすことができるか B Mathur-Reuters

 蔓延する汚職によって、インドでは間接的に1日8000人が殺されている――専門家がこう試算するのは、インドの役人が食料支援のための援助金を横領するから。インド政府は今、新しい方法でこういった汚職を減らそうとしている。福祉事業にかかる予算額を査定する代わりに、法律をうまく使って雇用、教育、食料支援の分野で政府機関の正しいサービスを保証するやり方だ。

コンセプト

 この手法の中心になるのは、05年に施行された農村雇用保障法(NREGA)。NREGAは貧困ライン以下の農村世帯に100日間の雇用を保証し、もし給与が途中で横領されれば政府が補填しなければならない。「政府は公共福祉事業における横領に対し、かつてない懸念を示している」と、この法律の策定に関わった経済学者のジーン・ドレーズは言う。

現状

 楽観視できない。もちろん政府は、福祉受益者の銀行口座を作って直接お金を支払ったり、役人が架空の受領者に成りすますのを防ぐためウェブカメラやICカードを導入する、といった方法で汚職撲滅に力を注いでいる。それでも不正は相変わらずはびこっている。

 最近の調査によると、主要地域ではNREGA資金の40%が横領され、07年以降何百件もの苦情が放置されたままになっている。最もひどいのは、選挙で選ばれた村の役職者がNREGA資金の大半を自分の懐に入れていたケース。権力分散によって権力の相互監視が強まる、という希望が打ち砕かれてしまった。

 汚職防止に取り組んでいる人たちもいる。だが中央政府と26の州政府を相手取って訴訟を起こしたパーシュラム・レイによれば、NREGAの施行状況を監視するための監査はほとんど行われていない。苦情申し立ては「非効率的で延々と続く手続き」によって事実上放置されていると、レイの訴状には記載されている。「罪を犯した役人の起訴にいたるのはきわめてまれだ」

結論

 マンモハン・シン首相の人権重視の法制度では、機能不全を起こしたインドの官僚制度は変わらない。変えるためには、インドにとって何よりも重要な改革――法律を公正かつ迅速に執行する裁判制度づくり――を成功させねばならない。

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月