最新記事

国際政治

世界にはびこるアメリカ陰謀説

オバマの先週のガーナ訪問には邪悪な動機があった? 国際政治の出来事はすべてアメリカが裏で操っていると思い込む外国の学生たち

2009年7月14日(火)16時21分
ダニエル・ドレズナー(米タフツ大学フレッチャー法律外交大学院教授)

大統領の陰謀? オバマ大統領の車列を見物するガーナの人々(7月11日、ケープコースト) Jason Reed-Reuters

 実を言うと、先週の私のブログはアメリカ合衆国で製造されたものではない。ブログ執筆を海外にアウトソーシングしていた......といっても自分で書いたのだが。

 私はバルセロナ国際問題研究大学で米外交政策を教えていた。学生たちは本当に国際色豊かで、その出身国はスペイン、ドイツ、イギリス、アメリカ、中国、ベトナム、タイ、ガーナ、ケニア、トルコ、ベルギー、メキシコ、ニカラグア......教室の様子が目に浮かぶだろう。結構な役得だった。

 学生たちと話していてやや驚いたのは、彼らの多くが、米政府が国際政治のありとあらゆる出来事を操作していると思い込んでいることだった。皮肉なことだ。多くのアメリカ人がアメリカの覇権の将来を疑っているちょうどその時、他国の人々は米政府が悪魔のように裏で物事を操っていると信じ続けている。

 例えばガーナ人学生たちは、オバマが先週ガーナを訪れた理由を知りたがっていた。「民主的な統治を促進するため」という標準的な説明では納得しなかった。彼らは、もっと深い、もしかすると邪悪な動機があるはずだと確信していた。

 というわけで、私は「基本的な帰属の誤り」などといったことを指摘するために週の大半を費やすはめになった。でもうまくいったとは思えない。陰謀が存在すると確信している人々に対して(実際に存在するケースもあるが)、見たとおりの状況が時には現実そのものだと証明することは容易ではない。

 今後オバマ時代に反アメリカ主義がはびこるとしても、それには大統領やその発言、あるいは米政府の行動ですら関係がないのかもしれない。むしろ凝り固まった思考の癖によって、世界のあらゆる出来事の中心にアメリカがいると思えてしまうのかもしれない。残念なのは、アメリカが世界的な野心を縮小しなければならないまさにその時に、アメリカの力や目的に関する誇大な認識が根強く残っていることだ。

 ここで読者に質問。アメリカの力に関する誇大な認識をしぼませるにはどうしたらいいだろうか。

 追伸: 念のため付け加えると、私は国際情勢に関するこの種の陰謀説が非アメリカ人だけのものだと言うつもりはない。アメリカ人によるばかげた外国陰謀説の例は、ここをクリックすれば読める。

[米国東部時間2009年07月13日(月)8時39分更新]


Reprinted with permission from Daniel W. Drezner's blog, 14/7/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月