最新記事

ファッション

バイデン夫人は載ったのに...メラニアがヴォーグの表紙になれなかった理由

Who Gets to Be on the Cover of Vogue

2021年07月16日(金)17時26分
エマ・ノーラン

210720P54jill_VGH_01.jpg

ジル・バイデンが飾った8月号の表紙 ANNIE LEIBOVITZ/VOGUE

それに比べるとジル・バイデンの表紙は、ファーストレディーとして彼女が果たしている役割を反映し、落ち着いた印象だ。撮影場所はやはりホワイトハウスで、リーボビッツが撮った。着ているのはオスカー・デ・ラ・レンタの紺色のワンピースだ。題して「ジル・バイデン博士。私たち全てのファーストレディー」。ちなみにジルは博士号を持つ教育者だ。

ファーストレディーとして表紙を飾るには、その立場もさることながら、まずは本人がひとかどの人物である必要があるのかもしれない。

20211026issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月26日号(10月19日発売)は「世界に学ぶ至高の文章術」特集。ビジネスの現場に「よい文章」は不可欠。元CIAスパイから名文家の新聞記者まで、世界に共通するライティングの基礎とは

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

RANKING

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「子育て」に氾濫するバイアスを排除する方法

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売