最新記事

音楽

女性アーティストたちに多大な影響を与えてきた「オルタナの女王」の帰還

Back in the Game

2021年07月01日(木)18時13分
デービッド・チウ

フェアのスタイルは若い世代の女性アーティストに大きな影響を与えてきた(2016年のライブ) ADELA LOCONTEーFILMMAGIC/GETTY IMAGES

<衝撃のデビューから30年のリズ・フェアがコロナ禍によるリリース延期でパワーアップ。懐かしくも新しいサウンドの新作を語る>

約30年前にデビューアルバム『エグザイル・イン・ガイビル』でインディーロック界を震撼させたリズ・フェアにとって、昨年は特別な年になるはずだった。10年ぶりのニューアルバム『ソーバーリッシュ』を発表し、シンガーソングライターのアラニス・モリセットとポップロックのモンスターバンドであるガービッジと共に夏のツアーを予定していた。

しかし、新型コロナウイルスの影響で計画は中止に。一方で今回の休息は、新たなレコーディングの時間となった。

「1年後に出すなら、その時に合わせて作らなくてはいけない」と考えたと、彼女は振り返る。「私たちは過去のサウンドに心地よさを求めるけれど、真新しいもののエネルギーも求めている。私たちはみんな、真っさらになろうとしているから」

今年6月4日、『ソーバーリッシュ』は「11年ぶりの新作」として発売された。『エグザイル・イン・ガイビル』の先駆的なインディーロックと、それを受け継いだ『ウィップ・スマート』、さらには『ホワイトチョコレートスペースエッグ』の内省的な空気など、フェアの音楽キャリアを総括したとも言える。

『リズ・フェア』や『サムバディーズ・ミラクル』のようなメインストリームのポップロックに、前作『ファンスタイル』のような音の実験。本人は、自分の過去のサウンドのカタログにしようと意図したわけではないが、そう思われても嫌ではないと語る。

「無意識のうちに忍び込んでいたというのは、ある意味でクール。古い作品のDNAが入っているのはいい」

恋愛観がつづられた歌詞

今作では、『エグザイル・イン・ガイビル』と『ウィップ・スマート』を手掛けたプロデューサーのブラッド・ウッドと久しぶりに組んだ。

「何年も一緒に仕事をしたから、私たちの間だけで通じる言葉もある。でも別々に活動して、それぞれたくさんの経験をしてきた。私が手掛けてきた全てのテレビ音楽から生まれたサウンドデザインもあるし、彼の流れるようなミキシングもある。私がどんなにクレイジーなことを投げても、彼はそれをゴージャスな編成に変えてくれる」

『ソーバーリッシュ』は多様な音響で、インディーロック、ポップス、エレクトロニックR&Bなどが混じっている。一方で歌詞には、フェアの恋愛観がつづられている。

「恋愛と次の恋愛のインターバルを1枚のアルバムにした。アルバムの前半で、長年の関係がゆっくりと、少しずつ終わっていく。人生の多くの時間を共にしてきた人から自分を解き放つことが、いかに難しいか」

「後半は新しい人とデートをして、新しい可能性がもたらす高揚感を味わうけれど、軌道に乗る前に失速する。(10曲目の)『ロンリー・ストリート』にたどり着くと、昔の恋人が恋しくてたまらない。最後の3曲で『もう忘れた。次の恋の準備はできている。私はリズ・フェアに戻ったの』というわけ」

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

RANKING

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    進歩派なようで実は差別的な構造に執着...リアルすぎ…

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 1

    マインドフルネスの落とし穴...より利己的になる人も…

  • 2

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売