最新記事

顔加工フィルター

加工した自撮り写真のように整形したい......インスタグラムで整形アプリが禁止に

2019年10月30日(水)17時30分
安部かすみ

加工した自撮り写真のように整形したい......?  Broadly-YouTube

<自撮り写真の加工フィルターが人気だが、「現実」との乖離はメンタルに支障をきたすなどの懸念から、「美容整形フィルター」が禁止となった......>

インスタグラムのさまざまな顔加工フィルターは、ユーザーの「変身願望」を満たして人気だが、中でも、美容整形をしたかのように見える「美容整形フィルター(アプリ)」はこのところ大きな人気を博していた。

しかし、AR(拡張現実)エフェクトを作成するためのプラットフォーム「Spark AR」はフェイスブックを通じて、「ポリシーの見直し」を発表し、インスタグラム上の美容整形フィルターが禁止されることになった。

Spark ARによると、この1年間で10億人以上がソーシャルメディアの顔変更フィルターを使用するなど、人気の大きさを裏付ける数字も発表されていただけに、今回の発表はやや意外でもあった。

手軽にセレブのような美を実現

そもそもアメリカは美容整形大国だ。2018年にアメリカ人が美容整形に費やしたのは、165億ドル(約1兆8,000億円)とされている。

中でも、カイリー・ジェンナーやキム・カーダシアンなどの影響で、近年のトレンドは太くて豊かな唇だ。アメリカン形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons)による2016年のレポートでは、18歳から55歳ぐらいまでの年齢層で、唇を太くする美容整形を受けた人の数は、2000年と比べて50%も増えたという。

日本では、二重まぶたの大きな目や高い鼻、色白などの願望が高いが、アメリカではこのようにぷっくりと肉厚な唇のほか、シュッとした細い鼻筋、高い位置にある頬骨が美の基準として主流となっている。

いずれもセレブやインフルエンサーの影響なのだが、整形フィルターは、美容整形をしなくてもそれらの願望を一瞬にして叶えてくれるとあって、人気を博していた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

RANKING

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    新生児がパパ・ママの表情に関して持つ知識は、学習…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    バイリンガル育成の達人がおすすめする、「多読」で…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    「親ガチャ」は子どもからの警告 原因は育児力格差

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 5

    バイリンガル育成の達人がおすすめする、「多読」で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売