最新記事

英王室

キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッションバトルを考察してみた

2018年07月17日(火)16時55分
有元えり

空軍創立100周年の祝賀式典でキャサリン妃はマックイーン、メーガン妃はディオールを着用 Henry Nicholls-REUTERS

<全世界の王室ウオッチャーがご意見番と化しているメーガン妃のファッション。優等生的なキャサリン妃との違いは?>

メーガン妃の英王室入り以来、ロイヤルファミリーのファッションへの注目は輪をかけて増している。特に、アメリカ出身のメーガン妃の振る舞いや装いについては、その一挙一動が論争に発展するくらい、全世界の王室ウオッチャーがご意見番と化す有り様だ。先輩妃であるケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃との違いは何なのか。

英国ブランドを愛用する優等生キャサリン妃

キャサリン妃がウィリアム王子と結婚したのは2011年。ウエディングドレスに選んだアレキサンダー・マックイーンは、英国を代表するメゾン。以来、キャサリン妃は、度々マックイーンの服を着て公務に臨んでいるが、ここぞという場面では英国ブランドを着用するのがルーティーンだ。

cathrineRT20170717.jpg

7月9日(現地時間)、ルイ王子の洗礼式当日は、アレキサンダー・マックイーンのドレスにジェーン・テイラーのヘッドピースを合わせて POOl New-REUTERS

元々リッチなコンサバ志向だったキャサリン妃。「Sloaney(スローニー)」とも呼ばれるそのファッションスタイルは、王族の気品あるトラディショナルな身なりへの違和感ないシフトに成功し、すっかりファッションアイコンとしての地位も確立している。

Aラインの膝丈スカートはキャサリン妃の定番スタイルだが、最近では堂に入ったシックなスーツ姿も披露。自信に満ちた振る舞いに3児の母親としての貫禄も備わり、めっきり美しさに磨きがかかってきたと評判だ。

長袖や手袋着用など、王族のドレスコードはもちろん遵守。優等生的な性格もあってか、逸脱することは限りなく少ない。新婚間もない頃、バカンス先のフランス南部でトップレス姿をパパラッチされたこともあったが、今やそんなヘマをすることもない。

隙を見せることはない。それがキャサリン妃の全てだ。将来の国王妃たるもの、英国民も望むあるべき姿なのだろう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 2

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」…

  • 3

    なぜ断れなかったのか...「同意ある性交渉」でトラウ…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売