最新記事

インド

異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

2018年07月20日(金)18時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「身の安全」と「健健」を天秤にかけ...

西部グジャラート州の最大都市アーメダバードで熱波の研究に取り組んでいた、米シンクタンクのランド・コーポレーションの研究員Gulrez Shah Azharは、熱波が原因で死亡するのは男性よりも女性の方がはるかに多いことに気付いた。Gulrezが言うには「意図的に脱水状態になることで、酷暑のなかで深刻な身体的トラブルを引き起こす危険性がある」

アーメダバードでは料理や掃除などの家事は女性の仕事とされるが、これでは健康を守ることなどできないという。

まず、「一般的に、屋内にいる女性は猛暑のリスクに晒されないと思われている」。そのうえ、一部の家庭ではずさんな電気供給のせいで、唯一の冷気の頼みの綱である天井のファンさえ当てにならない。また、屋内での調理は、室温を高める可能性もあるし、屋外の離れたところにある水汲み場と家を往復するのだって毎日の仕事だ。

ある女性は、「女としてまず、家事を終えなければならない」と言う。夏の間に、体の不調を自覚しながらも我慢していたら黄疸が出たそうだ。

バングラデシュのダッカ・トリビューン紙によれば、農村部に暮らす女性は、水汲みのために1日で5~20キロメートルの距離を歩く。家族のライフラインである水を絶やさないようにという重圧は相当なものだと伝えている。

ひどい熱波と水不足は、レイプに怯えトイレを控えて脱水状態に陥る女性達の健康をじりじりと追い詰めている。Gulrezは「女性を取り巻く衛生環境の問題に沈黙を続ける文化の行く先は『死』だ」、「長期的な解決策として、平等と女性の権利という課題への取り組みは絶対だ」と語った。

【参考記事】「トイレが欲しい!」 インドの貧しい少女が耐えきれずに取った行動とは...

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

ビジネス

バンク・オブ・アメリカ、国内最低時給を22ドルに引

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 4

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売