最新記事

市場

電気自動車(EV)で注目の日本企業は「ソニー」である理由

2021年2月2日(火)19時05分
安藤智彦(ジャーナリスト)

ソニーがコンセプトカーを発表した同じCESで、トヨタ自動車はEVを軸にあらゆるモノやサービスがつながる街づくりの構想を明らかにしている。野心的かつ壮大な構想だったが、地に足の着いた「ビジョン」を凝縮したソニーとは対照的に、市場の反応は芳しくなかった。

製品としてのEV自体は、トヨタやホンダ、日産自動車など、日本企業も手掛けてはいる。しかし、その先のビジョンやロードマップなど、製品を通じた市場との対話がうまくいっていない。

そのあたりはテスラが数歩先を行っており、2020年にはトヨタを抜き、自動車メーカーで時価総額世界トップに立った。

米アップルがiPhoneで携帯電話という端末の概念を変えたような「ゲームチェンジ」の波を作る、あるいはその波に乗る企業を、市場は冷静に見定めている。

注目の日本株

ソニー(東証1部:6758)

1946年設立で、音響・映像を主軸とした総合電機メーカーとしてスタートしたが、現在はCMOSイメージセンサー、スマートフォンなどのハードウエア事業、映画・音楽などのコンテンツ事業、家庭用ゲーム機事業、さらには金融事業など多角経営を推進。

magInvesting20210202ev-jp.jpg

本誌2021年1月12日号28ページより

注目の米国株

テスラ(NASDAQ:TSLA)

2003年設立の電気自動車メーカー。ソーラーパネルや蓄電池の設計・製造・販売も手掛ける。2020年7月、時価総額でトヨタ自動車を超え、自動車業界のトップとなった。進撃を続ける会社の顔は、宇宙開発事業にも熱心な起業家、イーロン・マスクCEOだ。

magInvesting20210202ev-us.jpg

本誌2021年1月12日号28ページより

※チャートは全て、上が株価(日本銘柄の単位は円、米国銘柄の単位はドル)、下が売買高(単位は株、Mは100万、Bは10億を表す)。チャート提供:TradingView

<本誌2021年1月12日号「2021年に始める 投資超入門」特集より>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&P・ナスダック続伸、ハイテク株が

ワールド

米への旅行検索が48%増、外国人の渡航規制解除で

ワールド

バイデン氏、民主党内の穏健派・進歩派と19日会合 

ビジネス

米下院の5議員、アマゾン経営陣を非難 議会に虚偽証

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの「隠れたリスク」

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月