最新記事

映画

最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

An Intergalactic Mess

2021年11月16日(火)17時53分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)
『エターナルズ』

「アベンジャーズ」が誕生するはるか昔から人類を見守ってきた「エターナルズ」が、地球を未曽有の危機から救うために立ち上がる MARVEL STUDIOSーSLATE

<昨年のオスカーで注目されたクロエ・ジャオ監督によるマーベル映画『エターナルズ』は、ミスマッチ感が拭えない>

マンガから抜け出してきたスーパーヒーローが世界を救う映画ばかりがヒットするここ十数年の状況を嘆かわしいと思うかどうかは別として、とても残念な事実が1つ。新進気鋭の才能ある監督にとって、その手の映画を撮ることが勲章か何かのように考えられていることだ。

いい例が、低予算のロードムービー『ノマドランド』でアカデミー作品賞と監督賞を獲得したクロエ・ジャオ。彼女には早速マーベル謹製のCG版スーパーカーのキーが授与され、宇宙の果てまで自在に駆け巡れることになったが、ルートや行き先を決めるのはマーベルだから、勝手な放浪は許されない。

いや、ジャオの手掛けた最新作『エターナルズ』が並のマーベル映画と大差ないと言うのではない。そこにはゲイの男たちもいれば聴覚障害のあるスーパーヒーローもいて、マーベル映画史上最も多様性に富むスーパーヒーロー軍団ができた。しかも、ジャオの愛する夕暮れ前の暖かい日差しあふれるシーンがたくさん登場する。

広島の原爆投下にも遭遇

しかし『アベンジャーズ』に代表されるスーパーヒーローものの系譜に照らせば、本作は最弱のレベルと言わざるを得ない。時空を超えて世界を、そして宇宙を駆け巡る物語なのに、なんだか質素なスタジオで撮影されたドラマみたいな閉塞感がある。

主役のエターナルズは、遠い昔に「セレスティアルズ」と呼ばれる宇宙神によってつくられた不死身の超人たち。何千年も前から素性を隠してこの地球上に暮らし、普通の人間として生きてきた。そして広島への原爆投下を含む人類の愚行に何度も遭遇し、そのたびに、できる限りのことをしてきた。

しかし彼らには、人間界で起きる出来事への介入は禁じられている。どうしても見逃せない人たちを救うことはできるが、愚かな人間の愚かな選択による悲惨な歴史を変えることは許されない。

しかしある日、謎の怪物種族「ディヴィアンツ」が地球に襲い掛かり、エターナルズはやむなく地球防衛に立ち上がることになった。首領格のエイジャック(サルマ・ハエック)は米サウスダコタ州の牧場で引退生活を送っていたが、意を決して各地に潜伏する仲間たちを召集した。

地球人の暮らしに最も溶け込んでいたのはセルシ(ジェンマ・チャン)だ。本作の主人公と言ってもいい存在で、昼間はロンドンの自然史博物館で働いている。彼女が持つ超能力は、どんな物質も別な物質に変えてしまう力だ。巨大な落下物に押しつぶされそうな子供を、この超能力で救うシーンが、前半に2回ある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月